2015/07/16 (Thu) ウルグアイ料理でBYOB探求会


今日も今日とてぇ断水日ぃ(断水音頭)。定期のタンク点検に加え緊急断水もあるから、なんだかけっこうやっておる気がする。本日は終日でなく断水4時間と楽なほうだが、それでも家中に水をくみおいたりとけっこう面倒だ。てきぱきと鍋やバケツに水をくむ自分の手際よさがちょっぴりかなしい今日このごろ。
そんな日の晩ごはんは、深く、鋭く、執念深くお酒持ち込みOKのBYOBレストランを探求する会へ。名づけてBYOB探求会(いま適当につけた)。いつもは気を許すと安易なインド系に落ち着いてしまうのだが、今日は趣向を変えてウルグアイ料理を@ロウアーイースト。近くを通りがかったNシーがたまたま発見したウルグアイ・ビストロである。でかした、Nシー。


そして数本のワインのうち1本は、Mキーがウルグアイ産を持ってきてくれたことで一気に盛り上がる。ワイン屋さんにお勤めのご主人が選んでくれたのだそう。でかした、Mキー(と旦那さん)。軽やかななかに膨らみのある赤、中南米料理に合いそうじゃ。


Foundue de Queso。プロボロンにグリュエール、プロボロンの3種のチーズがとけあったとろりとまろやかなフォンデュの泉にバゲットを浸して食べれば、スタートからして舌も食欲も滑らかに。しかしフォンデュとは、スイスとウルグアイって姉妹都市なのかねぇ、なんて勝手なことを言い合っていたが、後で調べたところによると。20世紀に入ってから、スイスをモデルにした社会経済改革が行われたそうな。なーるー(Wikiさん、ありがとう)。


大好きなしゅわしゅわ野菜、フリゼとブルーチーズ、胡桃のサラダ。これはいい意味で予想と違ったのう。ブルーチーズは砕いたクラムかと思ったら、溶かしてある。コクのあるチーズにまみれた胡桃が、しゅわしゅわの葉っぱのあちこちに忍び込んで絶妙なドレッシングがわりに。これは旨いのう、とさっそく真似っこリスト手帖にくわえる。


Papas Fritas Caseras。なんてことないフレンチフライだけれど揚げ具合とポテトの細さがどんぴしゃり。これもまたチーズフォンデュにちょこりとつけて齧れば、「ううむ」と唸り声が4人のあいだの漏れるのであった。


でもフライとか、この洗って切っただけクレソンが各$7は高すぎだよねぇ、と、そのため息を漏らした口は今度は不満も漏らすのである。厳しいのだよ、BYOB探求会はことコスト・パフォーマンスに関しては。とくにやたらコルケージ・フィーを高く取る店!おいそこの店!(四方を向いて、責める面々)。ちなみにここは、持込料なし。及第点。


さぁ南米といえば、そろそろいってみよう、肉。やっぱり肉。まずはChorizoから。
ぷりっぷりなウルグアイのソーセージ、ぴんっと張った皮の下から旨みのある肉と肉汁があふれ出す。旨し。惜しむらくは、期待のチミチュリソースが最高!とは言いがたかったこと。作り手によってまるで違うチミチュリだけれど、究極のチミチュリも探求したいのう。鼻息荒くいうも、BYOB探しほどにはノッてくれんみんな。ひとりチミチュリ探求会…。


Albondigasは、爽やかなトマトソースの海につかったミートボール。イタリアンのミートボールと似ておるようで違うのは、使っているハーブだろうか。すみませーん、バゲットおかわりぃ。


肉欲がとまらなず、Churrasco con Chimichurri。グリルしたスカートステーキにチミチュリソースとフライ添え。牛ハラミ肉は好きで時おり買うけれど、なかなかむっちり素敵な横隔膜(雰囲気は筋肉隆々しかし骨ばっておらず、なおかつやさしい面立ちのハンサムな殿方)にはあたらない。しかしこのお肉は文句なしの旨さじゃ。こんがり焼けた肉の表面に繊維に逆らうよう斜めにナイフを入れれば、確かなふっくらした手ごたえが伝わってくる。なかは外の夕焼けのようなばら色。
南米のスイスとも呼ばれた初のウルグアイBYOB会も、大成功でしたのう。
ではまた各自、BYOB探求のうえ、詳細レポート提出のことっ。

Charrua
131 Essex St, New York, NY 10002

◆今まで行ったBYOBレストランは、右下の検索窓で「BYOB」と入れてもらうと、でてきますよん♪ 

中南米 | trackback(0) | comment(0) |


<<サリバン・ベーカリーのバゲットに遭遇 | TOP | 優秀、インド・レトルトカレー >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2212-b7c9a575

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS