2015/08/26 (Wed) ベランダ・グリル隊と、ころころパールオニオン


あいも変わらずのベイビーQたん活躍日。
グリルのうえ、真珠の玉ねぎなんて可愛い名に似合う野菜がころころと転がっておる。でも用心しないと、トングから転げ落ちてベランダころころ、なんてことになりかねんの用心。しかもそうなっても隊長が「3秒ルール」(3秒で拾ったらこわくない)使いそうで、じつにこわい。


帆立のターキーベーコン巻きには、スリラッチャソースとにんにく、マヨネーズのタレを。とうもろこし(蒸してバターを塗ったらハバネーロ・ソルトをぱらり)、ブロッコリーニの辛し和え。


サラダはビーツとビダリアオニオンとスティルトンチーズ。あまいビーツをぴりっとさせたら旨いかのう、とハラペーニョピクルス汁をかけすぎ、結局水で洗う派目に。ビーツもしくしくと泣いておる。


この日は、夕立の気配に焦りながら、焼き焼き。焼いておる途中で退散するほど哀しいことはないのでのう。新鮮な鶏レバー、海老と焼きて引き上げたところで、案の定、猛烈などしゃ降り。グリル隊の友は、当たる天気予報、であるが、これがなかなか難しいのだ。
串焼きのレバーは下処理したら少し冷蔵庫で乾かして扱いやすくしておる。串に刺したらホールのペッパーコーンをごりごり石臼で挽いたものをぱらぱら、あとは塩のみ。オクラ、海老はぱっぱとオールドベイとガーリックパウダーをふりかけただけで旨し。ポートベロ茸はオリーブオイルをぬってからハーブを少し。黒七味が切れてしまったのがくやまれる。


この日は、嬉し楽しや、燻しもん。燻したショートリブのえごまの葉包み。これがやりたかったので、毎日すくすく育つ(やや育ちすぎの感あり)えごまさんを頼もしく眺めておるところである。芽キャベツ(オリーブオイルにエルブ・ド・プロヴァンス、ドライエシャロット)、ししとう(胡麻油に岩塩)、ゴールデンズッキーニ(オリーブオイルにモントリオールステーキ・シーズニング)もじゅー。
ああ、今宵も焼いた焼いた。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<スベリヒユでスベッた話 | TOP | 北米最大級のギフト見本市をのぞく>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2251-f59d6469

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS