2015/10/01 (Thu) 大戸屋@タイムズスクエア


おなじNY州でも、北の北のほうに住むSちゃんがマンハッタンに出てきたので、タイムズスクエアの大戸屋で待ち合わせ。たしか前回、2年まえにSちゃんが来たときは、フラットアイアンの大戸屋さんで待ち合わせしたんだっけ。あれから来たい来たいと思いつつも、来ておらんかった。しかも、あれが人生初の大戸屋…つまり今回、2度目。まだまだ大戸屋ビギナーである。精進せねば。


初心者としては色々試したいと思いつつ、やっぱりこれにしてしもうた。大好きなチキンかあさん煮。
朝からこのほの甘いタレにとっぷり浸かったチキンかつのことを考えながら、仕事をしておったもんね。大根おろしをどさっと背負った柔らかなチキンかつ。中心にはふるるんとポーチドエッグ。やっぱり裏切らない、まろやかなおっかさんの味。
でも、前回巨大アメリカンサイズだなぁと感心したポーションは、やや普通盛りになったような。それともこっちの胃がますます巨大化しておるのか(汗)。


Sちゃん、見るからにしっとりと美味しそうなハンバーグ。そして私は、彼女が前回頼んだのはおっきなポテトコロッケだということを、なぜだか覚えていた…ほかのことはチキン頭なのに、いやしんぼ関係だけ記憶が突出しておるらしい。
前回一緒にだったEりちゃんも遅れて合流したいと言っていたのだが、大戸屋さんは「途中参加はダメ!」とつれない返事。き、厳しい。
ということで、この後合流して、ホテルに戻って3人でごろごろしつつ、お喋り。それからとことこと歩いて、お茶しに出かける。


気づけば、図書館も夕景に包まれて。Sちゃん、また来たときは、今度こそ私は違うもの頼むからねー(と意味なく宣言しとこ)。
無事行けたかなぁ、自由の女神(私も行ったことがない)。

◆前回の人生初の大戸屋の記事は、こちら

◆食べたことないのに、大戸屋「鶏と野菜の黒酢あん」の黒酢を適当に作ってみた記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<ししとうさん日誌@2015年 | TOP | 消えていく顔のあるビルたち >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2287-7f65be5c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS