2015/10/30 (Fri) 神楽坂にてポルチーニ酒?


日本酒好きなら、にやけ笑いがとまらない素敵すぎるお店に連れて行っていただいた@神楽坂。
なにしろ酒のセレクションも立派なら肴も旨いもんぞろい、そして酒ソムリエ(?)のお姐さんが男前な格好良さだった。切れのいい表現と愛情ですらっすら出てくる酒の知識。トイレにいけばスタッフたちが蔵を実際にまわった写真なども。ご一緒した編集さんは「日本酒部」と「ワイン部」なる会合に参加しておるとか。い、入れていただきたい! 私も老後の趣味はぜったい蔵巡りにしよう…。
干したホタルイカをさっと炙ったもんを齧りながらいただく冷酒が最高じゃ。食べるのと打ち合わせに気をとられて料理の写真はとらなかったけれど、気になるお酒を少しだけぱちりと。
こちらはなんと、ポルチーニという大好きな茸の名を冠したお酒。福岡県の三井の寿酒造による純吟ひやおろしで、ポルチーニ茸が入っている、わけじゃあござんせん。香り高い秋の季節感を醸すために名づけられたらしい。秋の森に吹く涼やかな風に似た、飲みやすいお酒。よぉく冷やすとふっくら旨し。


そして神亀のにごりでしゅわしゅわ甘やかな飲み心地を味わった後は、わが愛する黒龍。いつもはいっちょらいか純吟だけれど、大吟醸に初遭遇、恭しくいただいた。なめらかな口当たりからたちのぼる旨み。控えめなのに芯がつよくて奥深い。北陸人もこんな感じなのかしらん、と思ったりも。
最初はちょっとかしこまり気味だった打ち合わせも舌滑らかになり、これはという案などもぽこぽこ顔を出し、これまたお酒の効能ってすばらしい。でもこれがあと一歩過ぎると、またぐだぐだになるわけで。その頃合を保つのが大人な酒飲みってやつじゃのう(といいつつ、予約していたロマンスカーに乗り遅れたわたくし…)。
ということで、この秋は久々の金沢にて北陸のお酒を堪能する予定。楽しみじゃじゃじゃ。

| trackback(0) | comment(0) |


<<海鮮居酒屋探訪2015~好きすぎる四十八漁場 | TOP | サイゼリヤ・デビュー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2306-9231ae27

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS