2015/11/10 (Tue) 今年も箱根


老親を引率しての、ザ・優秀な添乗員(自分比)と化す箱根旅行。しかしロマンスカーの展望席を初めて張り切ってとったものの、前方席は売り切れで後方展望席に。しかもやはりここは進行方向に向かって座りたいとのことで、ちぃとも役に立たなかった展望席…。写真すら撮っておらんし。そしてこの展望車に乗るためにはホームの一番端まで歩くので、親を余計に歩かせる羽目に。ってどこが優秀添乗員じゃぁ。
そんなこんなで、今年も、無駄にホームを歩きながらも無事たどり着いた。
母はこの旅行の後、入院手術を控えておるので、「お楽しみの後はイヤなことだねぇ」なんて言っておる。逆だったらよかったんだけどちょっと可哀想。まぁそんなこと言わず今を楽しもうZe!(ちょい軽野郎か)
まずは着いた日の昼ごはんはそのまま早川渡って、富士屋ホテルの寿司懐石・桂さんへ。


こんなつやっつや生しらすを前にしても、昼酒はいたしません。立派な添乗員になるため、ではなく、単に一日の摂酒量問題(えらいぞ自分)。


両親はお手軽に寿司ランチをいただける寿司膳。


あら、添乗員の身分で、なぜこちらには雲丹が??
旨いが、お寿司がどうも「ゆるい」ような。シャリもネタも、締りがほしいのう。水曜日がお休みということで諦めた、去年の中村家さんの寿司がやっぱり断然美味しい。来年は初日を水曜以外にしようっと。


なにしろ暴走気味な両親、目を離すとどこへいくかわからないので大変…。軒並みならぶお土産屋を眺めながら、この橋を渡って宿へ。


今年も楽しい旅になりますように。というか、何事も起こりませんように…(最近の願いは、そんなこと)。

湯本富士屋ホテル 桂
神奈川県足柄下郡箱根町湯本256-1

◆昨年の久方ぶりの箱根の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<ハングリーな鯉 | TOP | わさび、おろしより刻み>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2313-47e37903

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS