2015/12/01 (Tue) 伊勢丹会館にて豚とわっぱめし


仲良しの編集Sさんと新宿で昼ごはんを。Sさんはとても親切で、私の行動範囲にあわせてお店を設定してくれることが多い。基本は小田急線で出やすいところ。くわえて、「タカシマヤのオカダヤであれこれクラフト材料見るのが楽しみで…」と口走れば、タカシマヤ。今回は大好きな伊勢丹に私が通うのを見越して、伊勢丹…かと思ったら、伊勢丹会館。新宿歴は長いが、伊勢丹は行っても会館のほうには来たことがなかった気がする。新鮮! この後の行動ももちのろん伊勢丹めぐりで、便利! 
ということで、お初の伊勢丹会館内のあえんへ。ここは野菜と豚とわっぱめし、のお店なのだそう。入り口の民芸生活道具がいいのう。こんな道具に囲まれて暮らしたい、たぶん使いこなせないけど。


秋の果実がたっぷりなサラダに、


胡麻ダレのコクが美味しい前菜などつつきつつ、1年ぶりのご挨拶など。ええー、もうお子さんそんな年に?時が経つのが早すぎる…。そしてお仕事とはまるで関係ない他愛ない話など。私は人見知りの緊張しぃだが、こうして気のおけない編集の方にあって本の話、浦島太郎な出版界の話などうかがえるのは、ほんに楽しく充実のひとときなのだった。


桜山豚とレタスのざる蒸しランチを。玄米ミニわっぱめし、麦味噌汁などもついて、からだに優しい旬菜がうれしや。なにしろ、慣れない家事で疲れてますもんでねぇ。


桜山豚のなんと柔らかで、味のまるいこと。そして濃い旨みがしたたる脂を吸ったレタスを食めば、しゃくしゃく噛むごとにあまい。この脂だけでレタス2玉は食べられる。


千葉県産コシヒカリを使用したわっぱめし。好物のいくらがきらきらと。ああ眩しい。
と、ここでSさん、「そういえば、去年もわっぱめし風のごはんを食べましたよねぇ」
え、そうだっけ、と思い返せばそうそう、去年の秋も新潟のアンテナショップでいくらの乗ったご飯を食べていた私たち(あ、ついでにお酒まで)。あれからもう1年…とまたしても、時の速さに吐息をつくのじゃった。Sさん、また来年もアンチエイジングの話などしながら元気に会いましょう(仕事の話はしないんかい)。私はこのまま伊勢丹へGo(で散財したん)。

あえん
東京都新宿区 新宿3-15-17 伊勢丹会館4F

◆去年の新潟の名産品がそろった食楽園の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<海鮮居酒屋探訪2015~四十八漁場品川店 | TOP | 実家ごはんと、ごみ分別問題>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2328-21303b51

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS