2015/12/08 (Tue) 金沢2日目~忍者寺でからくり仕掛けに驚嘆


さて、きびだんごを食べた後はいよいよお楽しみの忍者寺へ。なにしろ、亜月裕の「伊賀野カバ丸」を激読しておったもので、忍者ときくだけで体が反応してしまうのじゃ。どうやら隊長もひそかに心待ちにしていたようだ…。忍者人気、インターナショナルね。
といっても、ここはじっさいに忍者がいたお寺、というわけではない。
正式名は妙立寺。加賀藩祖、前田利家が建てた祈願所を、三代目藩主の利常が移築。幕府から金沢城をまもるため、忍者の隠れ家のごとく様々な仕掛けが施されておるのだという(ありがとな、るるぶ)。見学は、要予約のツアーのみ(寺内は撮影禁止)。


…1時間ほどたちまして、退出後。いやぁ意表をつかれることだらけで、面白かった。
ふすまや掛け軸の裏が実は階段だったり、落とし穴階段や逃げ道井戸や隠し部屋があったり、灯り取りの階段が実は敵の侵入を防ぐ目的だったりと、いやはやいろんなからくりを考えるものだ。方向感覚ゼロの私は、ガイドなしではきっと生きて外に出られなかったに違いなし。じっさい、こんな家があったらウケるよりまえに危険だろうなぁ。
ちなみに伊賀野カバ丸を思い出していたら、なんとこの秋、31年ぶりに続編が発表されるというニュースを耳にした。
カバ丸~~!

妙立寺
石川県金沢市野町1-2-12

旅もの | trackback(0) | comment(0) |


<<願掛け寺にて、願掛けまくる | TOP | ツンデレきびだんご>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2335-73366f73

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS