2015/12/09 (Wed) 願掛け寺にて、願掛けまくる


忍者寺のあとは、近くの願掛け寺として知られる香林寺へ。ここは金沢のひそかなパワースポット、願掛け寺として有名な場所なのだ。慶安4年(1650年)前田藩家老青木五兵衛により建立されたお寺で、歴代住職が、本堂の不動明王の力を借りて苦しむ人々を救済したという歴史があるそうな。


庭に出るまえに、本堂を見学。本堂の不動明王も迫力だったけれど、印象に残ったのは加賀友禅の染織家、人間国宝の木村雨山の色紙たち。願掛けが叶ったお礼にと寄贈された作品が80点も見られるのだ。優美な友禅の作品とはまた趣のことなる、素朴で味わい深い作品をひとつひとつじっくり見てまわる。


親切に本堂を案内してくださったお寺の方にお礼を言ったら、いざ庭園へと。


庭園内にあるこの羅漢様と十二支増が並ぶ幸福の道をまず2周、3周目に自分や大切な人の干支の像の前で願掛け、そして白不動の前でさらに祈願するのである。
入院を控えておる母のこと、自分のこと、家族や友人、欲張ってあちこちの干支にお願いしてしもうた、へへ。


各十二支像のかけられたたすきにもたくさんの願が。
「●年内にステキな人が現われますように」この●が見えない。見えないと気になる…のでついちらりとめくってみたら(めくるなぁ)、「1年」でした。だよね、5年じゃ気長だし。10年じゃ願掛けたことさえ忘れていそうだし。


どこか呑気な姿の羅漢像のなかに、仏陀を抱いた羅漢様が。


最後に白不動様の前で合掌。どうかいろいろと、よろしくお願いいたします。

香林寺
石川県金沢市野町1-3-15 

旅もの | trackback(0) | comment(0) |


<<落雁と看板 | TOP | 金沢2日目~忍者寺でからくり仕掛けに驚嘆>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2336-632e3c44

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS