2015/12/11 (Fri) 北陸で鳥ざんまいな夜


だれかさんが「魚もいいけど、肉もいいよね…」とつぶやくので、本日の晩ごはんは肉といってみる。
BIRD。
その名も、鳥という店である。Chicken<鶏>ではなく。


突き出しの胡瓜に出てきた鶏みそが美味しすぎて、思わず「こちらに売っているとり野菜みそですか?」と聞くと、「いえ、自家製で」とお店の方にっこり。うわぁ、のっけから失礼なこと聞いちゃった。すみません。お土産にその噂のみそを買わなくちゃと頭が一杯だったもんで、てっきり。


せっかくなので、希少部位の5本とスープのセットを。この部位は選べない。その日によって、何が出てくるかはお楽しみなんである。そこにわくわくわく、と待っていると、絶妙のタイミングでカウンターに届けられる。そこにリクエストで皮、そしてぼん尻を入れていただくことに。
かしわ(腿)、せせり(首)、丸々むっちりとこんなにも歯ごたえのある手羽、久しぶりに食べた。ああ、鳥だ、と思う。地を駆け、羽ばたき、躍動する味だ。感動に、うなるうなる。


肉をひと食みし、手取川大吟醸のあらばしりを啜るごとに、ガラス仕切りの向こうの舞台につい見入ってしまう。この方が本日の立役者である。凛々しい表情で炭をあつかい、鶏を返す、四肢の動きもまた躍動にみちておる。かっこよすぎっす、兄さん。


肝、登場。まわりはしっかりと焼けて弾力さえあるのに、噛んだとたんにふわりとほどけ、舌に広がる。ううむ、うなりっぱなし。


ここからは脂まつりじゃ。コクのある背肝(腎臓)、皮、ぼん尻。
旨い鶏の脂はしゃきしゃきイキがいいのう。よ、小股の切れ上がったいいバード、そしてうん、あまい。


野菜たちも忘れちゃあいけない。鶏みそキャベツ、白ねぎにししとう。ばりばりと食べられる柔らかなキャベツもネギもアメリカじゃなかなかお目にかかれない大ご馳走じゃ。
そしてもちろんこれだけの鶏を使っているのだから美味しくないわけがないスープを吐息こぼしながら啜って、


香ばしい醤油の香りたちのぼる焼きおにぎりで締め。
これぞ幸せの北陸の鳥。食べてすみません、と頭をたれつつ存分に味わえたこの夜に感謝。あー、もうちょっと長く金沢にいられたらまた来るのにのう(気に入った店は再訪したいたち、って毎晩言っておるな)。

焼き鳥BIRD
石川県金沢市本町2-2-14

| trackback(0) | comment(0) |


<<金沢3日目~近江町市場で魚に見入る | TOP | 西茶屋街と甘納豆>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2340-c0c81d11

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS