2015/12/14 (Mon) 九谷焼につぶやく


近江町市場からすぐの場所にある九谷焼のお店、順風堂。持ち帰れない(帰りたくない)割れ物をあえて見に行く。そこには抑ブツ欲鍛錬とマゾ的な刺激もあるとかないとか人は言う(うそ)。


九谷焼は、器に何かをのせることを味わうんじゃなく、色絵をしみじみ味わう磁器だのう。赤・黄・青(緑)・群青・紫の五彩色なのに、なんて広がりのある。青九谷の楕円か長方形のお皿、ほしい。そこに鯖や秋刀魚の銀がさぞ生えそうな…。
ああ、でもゆるして。お母さんね(だれ?)、あなたたちを連れて帰りたいけど、無理なの。ごめんなさいね。と、心でよよと泣き崩れる。
でもな、母さん(だからだれ?)、連れて帰れないなら生み出せばいいんじゃないか?
…九谷焼の絵付け、やってみたいなぁ。とまたあらたな野心に翻弄される。

順風堂
石川県金沢市下近江町40-1

旅もの | trackback(0) | comment(0) |


<<さかなずきのための日々魚数寄 | TOP | 雲丹にじわもん饗宴>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2341-3633f21c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS