2015/12/15 (Tue) さかなずきのための日々魚数寄


晩ごはんは、大阪から車をびゅーんと飛ばしてわざわざ会いに来てくれたKちゃんと合流して、日々魚数寄東木へ。読みはというと、ひびさかなずき。まさに私にぴったりの店じゃあありませんか。Kちゃんも喜ぶ。隊長も……うん、きっと気に入るはず。


久しぶりの乾杯。最後に会ったのは京都だから、3年まえ? NYにいたころは毎日のように会ってたのにのう(泣)。お酒は天狗舞のあらばしり。そしてやっぱりこれ、な手取川の大吟醸あらばしりを。九谷焼の徳利がまたいいな。


ここからは、若いご主人が手を尽くした料理がコースにて次々に登場。まずは毛蟹と泡麩の椀を。


お造りには、初めてお目にかかったタカバ(マハタ)、セイゴ(スズキの1歳魚)、白ガス海老、サゴシ(鰆)、ガンド(鰤)。どれも身が主張する旨さ、大切に一切れずつ味わいながら、冷酒をすい、すい。進んじゃうんだもの、仕方ない。Kちゃんの道中ドライブ話など楽しく聞きながら。


嬉しい白子ポン酢に、茸の滋味がとけでた椀。のど黒の笹蒸し寿司にのどろ黒好きのKちゃん大喜び。そして焼き物は鰆の杉板焼き。ああ、魚介たちが舞い踊る宴はいつまで続くのじゃろうか。


牡蠣と蕪、はもぎ茸の餡かけは、すだちの優しい香りとともに、体に吸い込まれるようじゃ。


最後は6貫のお寿司で〆。このあたりでなんと、Kちゃんドライブの疲れかこっくりこくりと寝落ち! 私たちもとてもデザートは入らなかったので、謝りつつもお開きに。ここまで贅を尽くした料理が驚くほどお値打ちで、またまた感謝感謝の夜だったなあ。
歩いているうちに復活したKちゃんとコンビニを覗いたりしながら、愉快な気持ちで金沢のしずかな夜をそぞろ歩いた。

日々魚数寄  東木
石川県金沢市此花町1-6

| trackback(0) | comment(0) |


<<金沢4日目~武家屋敷でハマったもの | TOP | 九谷焼につぶやく >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2345-e3b13a31

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS