2015/12/19 (Sat) くろ屋にて、焼きのど黒にシビれる


普段食べない朝ごはんを食べ、まいもん寿司でじわもん寿司を頬張り、パンケーキを(心ならずも、しかし積極的に)つついた後でも、自然と晩ごはんの時間はやってくる。そうして不思議なことに、腹はちょうどいい按配に減っておるのはなにゆえか。体重計という言葉をしばし忘れよう。
お昼寝から目覚めたKちゃんとまた合流して、くろ屋さんへ。駅から近いと楽だのう。まだ金沢のバス路線を把握してないもんで。


お酒は菊姫の吟醸あらばしりに池月の大吟醸。腰が強いのにかろやかな菊姫、以前金沢に来たときにこのお酒のカップ酒があって感動したっけ。NYのカップ酒ブームもこのようなちゃんとしたお酒を入れてほしいもんじゃ。


血合いでさえも、色っぽい桃色の浅締め鯖。鯖愛がみたされ、目の前には旧くからの友人もいて、ああいい夜じゃ。でもたぶん、すこし不幸な夜でも、このぐらいの鯖に出会えれば少し救われると思う。そのぐらい鯖は一期一会じゃ。


鶏と加賀野菜のサラダ、焼き白子、ネギ入りだし巻き、加賀のさつまいも揚げ。加賀の野菜は穏やかで、やさしい味がする。かみ締めて、口のなかでころがして、味わえば、人間まぁるくなりそうな。そろそろ、いつも眺めてるポスターの加賀野菜、クリアしたかしらん。


鶏の梅紫蘇揚げ。あられが香ばしさを倍増。サラダにも使われていたこの可愛らしい小粒のあられ、早速使い方をまねしてみたくなり、じつはこの後あれこれスーパーの売り場を探したのに見つからず。残念。


Kちゃん待望ののど黒の塩焼き。えらから覗く部分、やっぱり黒いよね、と満足げに確認しあったりしながら、箸でつつきあう。
ほろっと口のなかでほどけると、柔らかな魚の旨みがひろがる押し寄せる。美味しいねぇと皆でつつきながら、うなずきあう。気づけば、綺麗に骨だけに。Kちゃん、調子に乗って帰り道のコンビニで焼酎なんぞ買っておった。飲みすぎないようにね、明日も運転でしょう、と母の声で。

くろ屋
石川県金沢市本町2-6-24

| trackback(0) | comment(0) |


<<ヴィンテージ地下鉄に乗りに | TOP | まいもんでうまいもん寿司>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2348-38286b7d

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS