2015/12/21 (Mon) ヴィンテージ地下鉄に乗りに


いつまでも金沢におると、季節限定ネタが更新できなくなるので、ここらで休憩していったんNY記事を…(汗)。
今年も乗ってきましたん、12月の日曜日にだけNYの地下鉄路線を走るヴィンテージのノスタルジア・トレイン。ダウンタウンは2nd Ave駅が始発なので、ここから乗れば間違いなしじゃ。


今年は交通博物館のショップを搭載した車輌が止っているので、まずは見学。こちらは1932年の車輌だそうで。マグカップ買っちゃったばかりだけど、この地下鉄カップ欲しい…。


そして、ホームに滑り込んできたのは郷愁を背負ってNYの地下を駆け抜けるヴィンテージ・トレイン。車輌ごと年代が違うのだが、私たちが乗ったのは1936年製。


細部を眺めるのが楽しすぎる。とくに広告、ひとつひとつつぶさに眺めてはウケたり突っ込んだり。つり革の数が少なくて奪い合いだったんじゃなかろうか…。お客さん同士懐かしみあったり、ひとりで解説するおじさんがいたり、車内和気藹々。


23丁目で降りてトレジョで買い物した後、駅に戻ると、なんと今度は下りでもヴィンテージ・トレインに遭遇!2時間に1本しか走らないのになんと運がいいことか。これは来年、幸先よろしいかも。


今回は1937年の車輌を1948年に改装したものらしい。おお、いきなり広告がフィフティーズっぽいな。扇風機もファン状から見慣れた形に。


気になって仕方なかった広告。洗濯機とアイロンが一緒になった機械?? 現代に見かけないのは、ムリがあったからか…。

MTA The Vintage Train & Buss Fleet

◆去年のノスタルジア・トレインの記事は、こちら

散歩もの | trackback(0) | comment(0) |


<<雨の主計町 | TOP | くろ屋にて、焼きのど黒にシビれる>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2349-1d6b6edc

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS