2015/12/27 (Sun) ゆめりにて、能登をあじわう


お楽しみの晩ごはんタイム、本日はゆめりさんにて。自分の身のほど(切実な方向音痴)をわきまえ、駅近のお店中心で食べログ熟読し、国際電話で予約いれ。なんてマジメなんだ(食べることには)、己は。看板の「奥能登・宇出津の自然を食材に四季折々の料理を御用意しました」の文句からして、すでにアタりの予感ひしひし。


突き出しはにんにくの効いた水ダコに大好きな姫筍(の写真は撮り忘れぇ)。そして、大好きになりすぎてしもうたこの加賀野菜、おなじみ金時草の酢の物から。
かすかな酸味とねばねば感、そして鮮やかな葉裏の紫。どれをとっても好み。いまからすでに、NYで育てることは出来ないか模索を始めておるところだ…。お供はもちろん、石川のお酒で。本日は手取川の大吟醸生に、宗玄の吟醸ひやおろしといってみる。


白海老の唐揚げ、塩、胡椒、レモンを絞れば、さっくりした歯ごたえのあとから海老のあまさがたちのぼる。


光り物嫌いの隊長をして「旨いっ」と言わしめた浅締め鯖。品書きに鯖がある限り頼む私だが、ううむ、これは本当に旨し。新鮮な鯖だからこそできる、締めておるかおらんのか解らない、でもやっぱり絶妙のほのかさでさらっと締めておる、という鯖が本当に好きなのだ…。


能登・宇出津産の鯨のユッケ仕立て。これに醤油をかけるとき、ふと気づいたらカウンターの向こうからお兄さんがじいっとこちらの手もとを見ている。そして「醤油あとちょっとだけ…」とアドバイスをくれたのである。絶妙のバランスで食べてほしいという気遣いが若い職人さんの顔にしかと顕れていて、この後も誇らしそうに色々な食材を見せてくれて楽しかったなぁ。それにしてもまろやかな舌触りの鯨が、絹のように舌を滑ること。もうお酒まですべりこんじゃう。


牡蠣の昆布焼き。北の海をゆらゆらゆれる昆布のたくましい旨みが牡蠣に乗り移り、一口食むごとうん、うん、とうなずきたくなる。


さぁ、ここらで隊長に肉投入、と思ったのだが、思わず自分でも何度も手を伸ばしてしまった能登豚焼き。塩胡椒だけでじっくり旨みを引き出して焼かれた豚は軽やかな味。たちあがる脂の意外な爽やかさ。あまやかな豚に柚子胡椒がまたあうのう。


隊長、ご飯のうえに当然のごとくオン! 隊員にもお慈悲の一口を…。

ゆめり
石川県金沢市本町1-3-33 

| trackback(0) | comment(0) |


<<チェルシーマーケット~からすみ発見編 | TOP | 柳宗理デザイン研究所>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2358-70641928

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS