2016/01/02 (Sat) 金沢7日目~しめくくりは焼き鯖で


とうとう金沢を離れる日が来てしもうた。さみしい。さみしいが、気持ちをころっと切り替えて(早っ)あらたな楽しみを迎えよう。一週間のあいだ毎日、百番街のお弁当売り場をつぶさに眺め(かなりこわい)、選びに選んだお弁当を新幹線で食べるときがきたのだから。
隊長は、やはり肉…。プレなさすぎなあなたが怖いほど。でもたしかに能登牛は美味しかったもんねぇ。


行きはヒモを引くとお弁当が温まるという仕組みに心くすぐられたおかげで、やや上げ底気味であったが、今回はそんな細工もなし。ごはんの上にびっしりと敷き詰められた艶やかな能登牛。見るからに柔らかそう。ふっくら焼かれた卵焼きもうまそうじゃ。


私ももちろんブレずに、鯖。鯖のなかでもぎりぎりまで迷って新幹線に乗り遅れそうな勢いであったが、


うっすらと昆布をまとったこちらに決定。隊長に嫉妬して、卵焼きも追加。
たまに市販のバッテラなどを買うと、鯖が「どんな器用な技でここまで薄切りに?」というほど薄くてうなだれることがあるのだが。これは肉厚。売り場で首を90度傾けて観察しただけあった(やはりこわすぎる客)。なにより鯖の味が濃い。濃いのに思春期の男子学生のようにぎらぎらしておらぬ。品格がある。
さぁ、今回の滞在中にあと何度鯖を食べられるであろうか。いや人生であとどれくらい…。たぶん相当。

| trackback(0) | comment(0) |


<<元旦ガンボ2016 | TOP | つる幸さんにて金沢最後の夜を>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2366-4fbae0a9

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS