2016/01/03 (Sun) 高円寺着にて明神丸


さて焼き鯖寿司も食べ終えて、ぶじ東京着。前回の杉並滞在は西荻窪のウィークリーマンションだったのだが、今回は4泊だけなので古巣の高円寺でホテル住まい。どうしても、小田急線と中央線から離れられぬわが人生のようだ。
晩ごはんは通い慣れたガードしたの龍家さんでネギワンタンにシャシュリーク、と心にきめていたのじゃが、ががーん(ふるぼけた効果音もまたこの街に似合うのう)、なんと閉店してしまったらしい。哀しい。どうしよう、思いいれがありすぎてこうなるととっさに思い浮かばない。あれこれ考えて、そうだあそこがあったじゃないか、と思い出す。明神丸、ここも昔よく通った酒場じゃ。相変わらず外観も内観も渋さあふれるたたずまい。
本日のお酒は榮川のひやおろしに黒龍のいっちょらいでいってみよう。


駅弁で鯖、居酒屋でコハダ。今日もついてる光り物人生。もろきゅう齧りつつ、冷酒をきゅ。旅の疲れもとれるのう。


白子ポン酢、ややゆですぎでクリーミーさに欠けるところが、家で作ってみました的な素朴感を醸しておるな。うんでも旨い。


鯨の竜田揚げ。下味効かせたさくさくな鯨にマヨネーズちょいとつけてあちちと頬張る。ああ、この気のおけない雰囲気に地元に帰ってきたような安心感がじんわりと。生まれはご近所中野だが記憶にないので、長く一人暮らしをした高円寺に戻ってくるとどうにもほっとするのじゃ。そしていつでも日本酒の美味しさに目覚めたころの初心にもどる。
高円寺<酒>純情。


牛網焼き。誰が頼んだかは、言わずもがな…。肉評論家に言わせると、「肉の味がしっかりして旨い」とのことで。


エイヒレを美味しく齧っていたら、近くの席でかなりできあがっている様子のサラリーマンの会話が聞こえてくる。北陸の言葉を交えながら、ひとりが「でさぁ、社食の800円の寿司がうまいのなんのって!」。話の成り行きを聞いていると(というより耳に飛び込んでくる)、どうやら仲間内のひとりが金沢に転勤でもしていたようだ。そうか、やはり北陸の会社の社食は美味しいのか。いいなぁ。金沢転勤アリだな。と、その後の会話に耳ダンボ状態。


しめのじゃがバター。ほっくりとした歯ざわりの間から、たっぷりと染み込んだバターがじゅわりと。塩味もまた絶妙。マズい、どうも最後のおじゃがが定番になってきておるようだ。飲んだあとは、脱・炭水化物を心がけておるのに(口だけ)。


帰りにふらふらと哀愁のガード下へ。龍家の閉店は惜しまれるが、高円寺初日の夜も美味しい居酒屋ナイトで満足であった。

明神丸
東京都杉並区高円寺南4-28-10 

| trackback(0) | comment(0) |


<<明日天気になぁれ、な気象神社 | TOP | 元旦ガンボ2016>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2367-729c9d1a

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS