2016/01/04 (Mon) 殿様な天丼


高円寺で気象神社などに(偶然)出向いた後、町田にロマンスカーでぴゅーと出かけ、両親、妹と食事@ニュートーキョー旬花。片言の父をぬかすとまるで英語のできない家族と、日本語のちっとも上達しない隊長…どうなることかと思ったが、皆にやにやしながらなんとなく場は流れていくのであった。ま、私たち同様いやしんぼなうちの家族は、目の前の食べ物に気をとられるのはいつものことで。
私と父は、牡蠣フライ膳。


ほかの皆は殿様天丼を。え、早食いの両親も間が持つと思って品数の多い和食コースのある店を選んだのに。いきなりの丼物すか…。
しかもこの店を選んだのは私なのだが(単に駅直結の小田急デパート内なら高齢の両親も楽だという理由で)、あとで母親から不満メールが。いわく、あの天丼はタレが少なくて今一歩だった、わざわざ町田まで来てもらったのに洒落た店でなく、隊長さんに申し訳ないと。
隊長に聞いてみると、「いや、美味しかったよ」とのこと。そう、隊長はごはんに関わらずおかずにタレやソースがたくさんかかっているのが苦手なのだ。ま、いいやね、と他人事の私。


あんなに大きな天丼を食べたあとに、デザートに突き進む両親。


私よりも確実に食べる母、もう食べられないといいつつ、締めのあんみつ? 数日後の手術までに体調を整えておいたほうがといっても、母の耳に念仏である。呑気な娘に見えて、これでもあれこれ心配してるんだからさぁ…。
この後は、皆で催事場の「北海道フェア」をそぞろ歩いた。つい持ち帰るのに重たい粒あんなんて買ってしもうた。

ニュートーキョー 旬花 町田小田急店
東京都町田市原町田6-12-20 小田急百貨店町田店9F 

| trackback(0) | comment(0) |


<<極楽な居酒屋発見 | TOP | 明日天気になぁれ、な気象神社>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2370-d7d7ec38

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS