2016/01/05 (Tue) 極楽な居酒屋発見


ホテルの近くに極楽屋という極楽なムード漂う居酒屋発見! 本日の高円寺de晩ごはん、というか晩酌は、ここだ、ここしかないと酔いどれの勘が告げておる。お酒は愛知の醸し人九平次、純米大吟醸といってみる。たっぷりのキャベツと春雨サラダのお通しをばりばりつるつる。うん、いい始まりじゃ。初めて入ったというのに、レトロ感と活気漂う店内に瞬殺でなじんでしもうた。


惚れ惚れさせられるほどきらめきを放つ純な生しらすに、ツヤ肌美人な帆立のお造り。甘い、うまい。


新鮮な馬刺し。きめ細やかな肉だけれど、熊本で食べた味を覚えている舌が「あともう一歩」とわがままを言うておる。


さぁここらで焼きとんもいってみよう。今朝〆限定のしろにかしら、旨くないわけがない。豚肉の脂もあまやかな香りも、1本の串からこれでもかと発揮されておるなぁ。スパムうずらに隊長がもれなく反応。「日本人になぜスパムがこうも人気なのか」つべこべ言わずにおあがりなさい。


豚トロにありがたや日本のぷりっぷりネギ。どれも極楽な焼きかげん味かげん。これでどれも100円から150円。嬉しすぎてノンストップ焼きとんになってしまいそうじゃ。


にんにく丸揚げ、皮をむいて熱々を頬張る。金沢が寒くて風邪気味だったけれど、これでエンジン持ち直してほしいところ。


〆のじゃこ山椒焼きおにぎり。醤油の香りたちのぼる米はひと粒ひと粒がちゃんと香ばしい。そこにぴりりと立ち上がる山椒。ああ育てたい、朝倉山椒(そこかい)。
気に入りの居酒屋が閉じてしまった喪失のかなしみを癒すかのように、またあらたにあらわれた居酒屋が燦然と微笑んでくれた。だから、居酒屋探訪は天国にいくまで続きそうなのである。いけるのか、天国という話はおいといて。

極楽屋
東京都杉並区高円寺南4-49-1

| trackback(0) | comment(0) |


<<リヤカーな思い出とモスバーガー | TOP | 殿様な天丼>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2371-516aace2

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS