2016/01/08 (Fri) セルフィーな人と高貴な栗


隊長にお付き合いして、新宿にてヨドバシカメラやビッグカメラまわり。PCパーツを見て生き生きと説明する隊長に、「いまの私の気持ちはね、私が着物店に付き合わせて生き生きと帯の柄について説明するときの隊長の気持ちとおなじだと思う」と言っても、理解したふうはなし。まだ生き生きと説明を続ける隊長である。PCパーツと私の距離は、月ほど遠いというのに。
そしてセルフィーな人と軽く記念写真など撮った後は、


コムサストアにあるカフェ・コムサにて休憩タイム。昭和天皇にも謙譲されたという和栗、熊本県山江村で獲れる大粒で甘いやまえ栗と、祇園辻利の抹茶を使ったタルト。
豊かな栗の甘さを、上質な抹茶の苦味がレースのように縁取る。うんまい。遂にここのケーキを食べられた、という感慨に浸りつつ、ゆっくり頬張る。この値段なら、高円寺で定食が二回食べられる…などと思っちゃいけない。そんな下世話な発想はこの高貴なタルトには似合わない(思ったけど)。


じつはこのカフェ・コムサで、もう何年もまえに打ち合わせをしたことがあって。私は仕事内容よりもすっかり豪華なケーキたちに目を奪われ、相手が食べてくれないかな、そうしたら頼めるのにな、あのケーキはどんな味だろう、あのパイは…、などといやしんぼ妄想で頭が一杯になっていたのである。当然、仕事モードのまじめそうな編集さんは飲み物オンリー。私もおとなしく珈琲を啜りながら、「いつかここに戻ってこよう…」と心に誓ったのであった。
いやぁ、人間、望めばかなうものだなぁ(望みが小粒! 栗は大粒!)。

カフェ・コムサ
東京都新宿区 新宿3-26-6

| trackback(0) | comment(0) |


<<あん肝踊るあんこう鍋 | TOP | 谷中散歩>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2372-bf33cad1

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS