2016/01/07 (Thu) 谷中散歩


本日の午後は谷中散歩。
久々に再会した、谷中生まれ谷中住まいの下町っ子J太&Mちゃん(&愛犬ジャンゴ)がちゃきちゃきと案内してくれる。もちろん「路地リクエスト」も入れておいたから、狭い路地も猫のようにすいすいと。彼らがいなかったら、一瞬で迷って途方に暮れ、路肩の盆栽と化してしまうに違いない…。
彼らが顔なじみの酒屋さんで日本酒の数にうっとりし、試飲のしすぎで酔っ払いそうになった後、気になる店に通りがかった。
ひょー、桐の箱、箱、箱。箱義桐箱店は、その名の通り桐の箱や雑貨を集めたお店なのじゃ。箱好きにはたまらんのに、さらに桐だなんて。小さな箱をひとつ買ったけれど、夢はオーダーメイドの着物箪笥…。ニューヨークまでかついで帰りたい。


谷中に来たらかならず覗くいせ辰さん。アメリカ人に手ぬぐいは使い勝手がむずかしいかもしれんので、お土産はハンカチを何枚か。私も思わず調べてしまった。なぜ手ぬぐいは端の処理をしていないのか。乾きやすいからだそう。ほほぅ。


まねき申。カモォン、良きもの、2016。


この辺りに煎餅屋はたくさんあるけど、ここがいちばんうまいんだよ。2人が言うなら間違いなし、な菊見せんべい総本店。自分でも柿の種やら買ったけれど、「なかでも一番これ!」というものを「はい、お土産」と買ってくれた。わぁん、ありがとう。それにしてもおせんべなのに賞味期間が短い!どんなに繊細なんだろう、としばし煎餅の成り立ちに思い馳せ。


週末は観光客でものすごい混みようらしいけれど、私も谷中銀座ラブ。この界隈そのまんまそっくりロウワーイースト・サイドに持って帰りたい。ユダヤ人街の隣にニッポン下町。いいんじゃないだろか。


オマケ。これが彼ら一押しの海苔煎餅。早速つまみ食いしたら、ぱりぱりの海苔も醤油も香り高く、まさに極上煎餅。美味しかったぁ、ありがとう。そしてこの後は大好きな居酒屋へわくわくGo。

箱義桐箱 谷中店 
東京都台東区谷中3-1-5

菊見せんべい総本店
東京都文京区千駄木3-37-16

いせ辰
東京都台東区谷中2-18-9

旅もの | trackback(0) | comment(0) |


<<セルフィーな人と高貴な栗 | TOP | リヤカーな思い出とモスバーガー >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2374-de40aa60

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS