2016/01/15 (Fri) 海鮮居酒屋探訪2015~とぶさかな


下北沢にて、今夜もまたトロ箱にお出迎えされ、元いた音楽出版社の仲間たちと毎秋の再会@とぶさかな。題してアホアホ会の夕べ。この名を誰がつけたのか、ふいに気になったところ、「あー、Mじゃないか?」「違うヨー、あたしじゃなくてKだって」
…して、謎のまま。やはりアホアホ。
でも私はしっかり覚えておる。私が「ともそ」という意味不明の名を与えられたのは、まぎれもなく、いまは唯一会社に残って社長にまでなってしまった(しまった、て)Kのせいだと(詳しくは、本館のコンタクトのページをどーぞ)。


いつものごとく、豪華な刺身盛り、何をつまんでももれなく新鮮活きがよし。


ここは魚以外のつまみも充実しているのが嬉しいのう。魚に肴三昧。万願寺とうがらし、焼きそら豆、ほくほくのむかご、さりげなく白子ポン酢をまぎれこませたのは、もちろんわし。


穏やかに深いかますの塩焼き、塩のふり具合がもうこれ以上でも以下でもないよねというぐらいの絶妙さ。ムール貝の酒蒸しに、骨までばりばりと歯を喜ばせるカレイの唐揚げ。乙姫も人魚も舞うよな魚介まつり。


深々と揚がった牡蠣フライ、がりりと齧ると海の汁があふれ出してくる。


〆は早めに頼んでおいたバッテラ。また顔を90度横にして美しい切り口を覗き込んでしまう。ああ絶品絶唱。そして皆のテンションも最高潮。
しかし、いくらアホアホ会という名の集まりでもここまでアホアホな話題に徹せられるのか。アホアホなりに心配…にならない、アホやから。
この店で私はやむなく退散。小田急線イナカ暮らしはつらいところじゃ。皆は顔なじみのいつものバーに流れていったのだが、後日そのバーに寄ったところ、マスターに言われた。「お友達、ぐでんぐでんの人がいたよー」…すんません、毎度へべれけで。私も加わっていたら、そのひとりだったと思いますだ…。

とぶさかな
東京都世田谷区北沢2-15-5

◆去年の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<海老名にて蕎麦に目覚める~国分寺そば | TOP | 相変わらずの日々魚ごはん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2384-4b7b92e6

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS