2015/11/15 (Sun) 夜えぼし


長年の付き合いの3ちゃんが、本日は海老名まで来てくれることに。私があまり家を空けられないのを気遣って、「息抜きにちょっと抜け出せるなら、そっちまでいくよー」と。いつも町田か横浜なのにかたじけのうござる。その優しさに、人前で私のことを「おじさーん」と呼ぶことも我慢しちゃおう(いや、本当は慣れすぎてちっとも違和感ないけど)。
それなら、と店は夜えぼしをリクエスト。大好きなえぼし、昼にしか来たことがないので一度、夜にここで一杯やりたいと思っていたのじゃ。やっぱり魚には酒がなくちゃ(生きていけない)。本日は秋田の鳥海山純米大吟醸をきゅいとやりつつ、お通しのまろやかなすくい豆腐をつまむ。


定番の釜あげしらすおろしをつつきながら、本日の戦利品(マルイのセール売り場で3ちゃんは買い物欲を暴発させておった。つられて私もあれとこれと…)を称える。本当は私は駅反対側のららぽーとに行く気満々だっだだが、「え、人気のえぼしだよ? ららぽーとでうろうろしてる間に満席になっちゃうよ」と脅されたのである。そのわりにマルイでうろうろしてたがな。席もしっかり空いておったがな。
生しらすが本日はなかったのが惜しいが、釜あげのふわふわ感も旨いなぁ。


何だっけ、これ、とよぉく写真を拡大してみたら、そうそう、まぐろの竜田揚げサラダだった。揚げ色しっかり味濃い目の竜田揚げに、どっさり野菜。お互いの効果で食欲そそられまくる。


そこにある限り、登らねばならぬ光り物の丘。登ればきらきら朝陽、じゃなく銀の光。さすが湘南浜料理のえぼしさん、炙り鯖の炙り具合が絶妙、うまい。


昼えぼしでは、一杯やりたくなってしまうので頼んだことのなかった、あん肝。念願叶っていと嬉し。臭みのない肝に、わずかな柚子の香り。一杯どころか二杯も三杯もやりたくなってしまう。


たこの唐揚げ、にんにくの効いた歯ごたえをかみ締めながら、介護の話などもちらほらと。陸奥A子やどこそこの海老グラタンが…などと話していたあの頃からは考えつかない話題じゃ。あ、でもまだ陸奥A子も語るがね。ふり幅が広がった、ということで…。


えぼしといったら、かぼちゃプリンでしょ!と当然のように3ちゃん。えぼしといったら、しらす…なだけではなかったのか、勉強不足じゃった。ひと口もらってみると、南瓜を丁寧に裏ごししてつくるまろやかな味がうんまい。
夜えぼし、大満喫。来年はもう少し自由に動ける身になっているかもしれないけど、またぜひこことららぽーともセットでよろしゅう。

えぼし 海老名店
神奈川県海老名市中央1-6-1 ビナウォーク3番館

| trackback(0) | comment(0) |


<<強羅公園~クラフトハウス | TOP | スイッチバックと見晴らし>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2385-69fd97c0

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS