2016/01/28 (Thu) 旅疲れを癒すギリシャごはん 


NYに戻った日の晩ごはんの店選び、条件は数ブロック以内の美味しい店@LES。そこでご近所のお気に入り、「どう見ても中華料理屋にしか見えないけれど、れっきとしたギリシャ料理」の店、Kiki'sへ。しかも夜はライトアップもきらきらで、インドレストランみたいなことにもなっておる。こんな謎の店構えだが、肝心の料理は本場ギリシャの味。相変わらずめちゃ混みのなか、どうにか席を見つけられてほっ。長旅疲れの老体で店を探してうろうろ…はキツいのでのう。けほけほ。


まずは香り高いオリーブオイルに浸かった香ばしいグリルド・オクトパス。レモンの爽やかさも加わって柔らかなタコが口でタコ踊り。


これもはずせぬズッキーニのチップス。ケファログラヴィエラ・チーズをまぶしてかりかりに焼いたチップスに冷えた白ワインで、ふぅとひと息。時差ぼけが始まってるんだかまだなんか解らんこの朦朧とした時間、旅空間の隙間にぽとりと落っこちたようでけっこう心地いい。


我が写真の腕のせいでちっとも美味しくなさそうに撮れてしまったが、実際はうまうまで「パン、お替りくださーい」と思わず叫んでしまったこのお皿は、ラム・フリカッセ。骨からほろりと崩れるほどに柔らかにブレイズされたラム肉に、ウイキョウを効かせたクリーミーなレモンソース。ラムの滋味がソースに溶け出し、まさにふくふくふくよかなお味。パスタに絡めても旨そうだのう。
じつはこの他に、お持ち帰り用にムサカも注文。


べつの日の晩ごはんに、ナスとじゃがいも、合いびき肉が麗しく層をなしたムサカをば。やっぱりここのムサカはうまいっ。
そういえば、レストランではKikiさんを見かけたのだが、素敵でひと目ぼれ。チェックのシャツにセーターを重ね、ウェスタンハットにブーツ、かっこよかったなぁ。また会いに行きたい。


ズッキーニチップスと和えたサラダを添えたら、立派な手抜きごはん。最近、この一品お持ち帰り用に余分にオーダーという手が気に入っておる。ものぐさの日々手抜き術は、磨かれるばかり…。でもほら時差ぼけだから、と言い訳めいて。

Kiki's
130 Division St. New York, New York 10002

◆前回の記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<追憶カレンダー | TOP | 機内にてひと息>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2397-b093477d

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS