2016/02/07 (Sun) 鰤をしゃぶっと


12月のとある日、お茶の稽古仲間&先輩方と鰤しゃぶで忘年会@グラマシーエリア。このお店、違う店名だった時は何度かきたけれど、百百川になってから初めて来たのう。狭い階段をのぼってたどり着くこぢんまりした席、日本人としては落ち着くわぁ…。どことなく昭和。マンハッタンの隠れ昭和。


いくら、鶏から、ふろふき大根、キャベツ浅漬け、などつまみつつ、日本酒にビール。どれもほっとしながらもぐっと心をつかんでくる和のお味。ああ落ち着く。ずっとここに棲んでおるような気がしてきた。テレビでサザエさんか何か、かかっていてほしい。
この落ち着き感はやはり壁、であろうか。そういえばお茶も囲まれた空間。小さくしつらえた侘のなかで、世界をつくる…。


2本目の四合瓶も頼んだところで、メインの鰤しゃぶしゃぶキターー。四人だけれど、二人前でもじゅうぶんな量がうれしや。


新鮮な鰤をたっぷりの大根おろしの中でしゃぶっしゃぶしながら、終始お茶の話でおののき、大笑いし、うけまくる。そこに侘さび、なし。やっぱり私たち、茶道のとらえ方、どこか、いや絶対間違っておるのだと思う。先生もお招きしたかったのだが、私たちのパワーに恐れをなしたのか「いやいや、そこは女性だけで」と(ややおびえた笑顔で)辞退されてしもうた。見られなくて、よかった…。


〆のうどんをいただいた後も、


当然、デザートは別腹。アイスクリームのまったり胡麻味があとを引く引く。初めての鰤しゃぶだったけれど、臭みもまったくなく、ほろりと口にとける鰤の旨みが繊細で、すっかり気にいってしもうた。牛より好きかもしれないなぁ。
楽しい笑いと美味しいごはんをご馳走様でした。おなかは笑いでも幸せにふくれるものだのう、と思ったりした年の暮れ。

Momokawa
157 E 28th St, New York, NY 10016

| trackback(0) | comment(0) |


<<帆立をじゅーと二通りで | TOP | ゲラとフリクション >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2408-6932ddcf

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS