2016/03/05 (Sat) 不死鳥の庭にて、BYOB中華


本日は日本からいらっしゃったドクターを囲んで、皆で美味しく中華を食べようよの会へと@フェニックスガーデン。どうして私がこの会に混ぜていただけたのか解らないが、誘われたなら普段の出不精重い腰などなんのその、美味しいもんのために寒風のなかすっ飛んでいくのじゃった。ここは、お酒持ち込みOKのBYOBのうえ、コルケージフィーも取らないという寛大な店なのであるが、ちょいと調べたらあることが発覚。どうやら…お店のおばちゃんの押しが相当に強いらしい…。Nシーと「頑張ろうね、負けないように」と事前打ち合わせなどして、挑んだのじゃった。
まずはお店の人、にこやかな顔で鶏のスープなどサービスしてくれた。おや、いい出だしではないか。ちょっとスパイスがキツいスープだけれども。


しかしその直後から、予想にたがわずメニュー押し押し攻撃は始まったのであった(むろん値の張るものばかり)。その威力たるや半端なし。私とNシーは「いやいやそれは…」と首を振るのだけれど、素直なJ子さん、「それはどういうものですか?」「ほかにお薦めはありますか?」などと尋ねるものだから、おばちゃんここぞとばかり身を乗り出してくる。その攻撃をかわしたり、爆撃されたりしながら、まずはクレソンの炒め。豆苗もいいけれどこれもいいのう。にんにく効いた山盛り野菜が嬉しい美味しい。


本日一番のお目当てのPepper& Salty Shrimp、ソルト&ペッパー・シュリンプ。かりりとあがった殻付の海老に手づかみでかじりつく。香ばしさに程よい塩気、にんにくにネギ。満場一致の大絶賛。もうこれだけ食べに戻ってきたいほどじゃ。


かりかりの皮のあまやかさは間違いなしの旨さ、北京ダック。クレープのような薄い皮ではなく、しっとりしたバンズに挟んでいただく。ダックの脂がじゅんわり染みた柔らかバンズもまた旨し。


しかしここで事件勃発。お店の人が強力に薦める柔らかな雛鳥なるものを頼んだところ、このようなこわもての鳥参上…。これたぶんSquab、ひなバトでは。柔らかどころか、けっこうな歯ごたえ。しかもお顔が…。J子さん、いやぁぁとたじろぐ。
私は見ていなかったけれど、どうやら日本語メニューのほうには「北京ダックだけが鶏じゃない!絶品雛鳥!損はさせません!」とかなんとか書いたあったらしい。日本語メニューは逆に見ないほうが安全かもしれぬ、この店。


気を取り直して。ドクターが攻撃の手(舌)をゆるめぬおばちゃんの隙をかいくぐってどうにか頼んだ(頼めた)、Sizzling Beef with Ginger & Scallions in Casserole、ネギと生姜風味の牛肉のキャセロール。熱々じゅうじゅうの柔らかな牛肉、寒い夜にあったまるのう。


海老のあんかけチャーハン、たっぷりの餡におなかが一杯でもするすると入ってしまう。でもやや餡多すぎ。こうなると普通のぽろぽろ炒飯が恋しくなってくる、と一同。


デザートの杏仁豆腐もなめらかで、これが大好きだというJ子さん、たっぷりとお持ち帰りしておった。
断っても断っても、蘇って押しの手をゆるめぬおばちゃんこそが、不死鳥のようなこのお店。気をゆるすと大変なことになりそうではあるが、旨く頼めばなかなかにいいかもしれん。なんといってもBYOBだし。Nシーと「気を強くもって(ココ重要)今度のBYOBに使おうか」と協議中である。
そして同席のドクターの一言一言が一々深く楽し耳を傾けてしもうた。「放射線科を選んだのはね、あまり人と会わなくてすむから」(人嫌いドクター…?)「とにかく睡眠と水分で風邪は乗り切れる」「サプリはそう必要ではない」(サプリ好きなのでちょい反省)などなど。皆してとくと聞き入りながらの、愉快な(そしてタフな)中華ナイトであったことよ。

Phoenix Garden
242 E 40th St, New York, NY 10016

中、韓 | trackback(0) | comment(0) |


<<色々ぎりぎり…。 | TOP | ザリガニソースでぴりっとパスタ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2433-2c951c73

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS