2016/03/16 (Wed) パンの鳴る通り


グランカーズ通りにひっそりとあるスティール・パンの練習場、パンヤード。大抵は閉まっているので、時おり隙間からこっそり覗いたりして不審者になっておるのだが、火曜の晩になると扉は開かれる。ハーモニー・ナイトで演奏を披露してくれるのだ。パンのフェスティバルもあるようなのだが、時期が合わないのでこの火曜日のパンの音色が毎年楽しみで。


子どもも大人も混じるスティール・パン・オーケストラが奏でる様を、熱心に眺める小さな子どもたち。やっぱりパンの音色は安らぐのう。


ぴかぴか光るパンのなかに、いい音聴かせてくれてありがとう、の心づけを少しばかり。それにしてもドル札ばかりでユーロがないのはなぜゆえに。

◆スティール・パンを題材にした拙著、「パンの鳴る海、緋の舞う空」と、
「海鳴屋楽団、空をいく」 もよろしくね、と姑息な宣伝もぬかりなく…。無粋でごみん。

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<島の昼ごはん~レーズントーストにコッパ | TOP | カリブの火曜祭り、2016 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2442-ba9b7ed3

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS