2016/03/21 (Mon) 2016、水曜の歌声ぱーちー


月曜日に島にぃ着いて~~、火曜~日はお祭りナイト~、水曜日は……♪ 
そう、水曜日の晩は恒例の宿主催の交流ぱーちーである。ほぼ常連さんのみの宿なので、「あ、今年も会ったね~」と懐かしく声をかけあったりして。人見知り、閉鎖的な日本人としては最初の年はおどおどしておったのだが、最近ではすっかりリラックス。というより、Eールさん一家(広い敷地内に、親族の方々が皆住んでいる)が腕を振るってくれるごはんが楽しみすぎて、人見知りの入る余地がないでのう。
沈む夕陽を見送ったら、「そろそろかな」と屋外の会場へ。ワインとビール、蚊よけを塗るのも忘れずに。


男衆が炭焼きしてくれるラングーストにリブ、ステーキ、グリルした釣りたての魚、Sジーさんたち女性陣がつくってくれるサイドディッシュで、お皿てんこ盛り。


隊長の皿をみると、彼の人生、いかに肉(と炭水化物)に重きをおいておるかが解る。Sジーさんのクリストフィーン(ハヤトウリ、チャヨーテ)料理が毎年楽しみなのだが、今回はグラタン風味。ほくほくして、んまぁい、あまぁい。
食べながら、呑みながら、楽しく歓談。それにしても、宿泊客の滞在日数の規模が違うといつものことながら思う。私たちの12日間など最短、あまちゃん、ひよっこ。皆さん3週間はあたりまえ、1ヶ月の方も多し。1週間という方がいたので、おや、お仲間♪と思ったら、その前はキューバをめぐっていたのだとか。お金と時間のある皆さん、羨ましすぎる。


やっぱりくるよね、今年もくるよね…と(びくびく)かまえておったら、きたきた。今年で3年目、シング・アロング・コーナー。プリントアウトした歌詞が要領よく配られていく。ギター持参のオリジナル曲だったり、オリジナルの替え歌だったりするところに、仕切っておる方の並々ならぬ気合を感じる…。
さぁ皆さん一緒に歌いましょう。今年もカリブの歌声喫茶と化した宴は和やかに続く。合いの手は、ナゲキバトさんたちのほ~ほほ~ほ~の鳴き声で。

◆去年の水曜ナイトの記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<マリゴの鮮やか市場 | TOP | スーパーUはやはりスーパーな存在であった>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2448-0bd619b0

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS