2016/04/07 (Thu) 防虫対策、がんばっておるのに…


南の島への旅の荷づくりで忘れちゃならぬのは、帽子に水着、ビーサン(愛用のフィットフロップ)、そして虫除けグッズじゃ。そう言いつつ、着々と毎日刺されておるのだが。使わなかったらどうなるんだろう、ぶるぶる。ちなみに使ったところはさすがに刺されないのだが、敵は思わぬ隙をついてくるのである。指の間とか。Tシャツの裾から浸入して腹、とか(泣)。でも持っていると安心。使わないものもあるけど。


備忘録として、綴っておこう。Sawyerのファミリー用、Controlled Release Insect Repellent。これはローション状でDEET 20%ながら、ディート特有のイヤな臭いもないし、長く愛用しておる。右もおなじくSawyerで、ナチュラルな効果のPicadirin 20%。これは封も切っていないまま、何年か持ち歩いておる。使用期限…見てみよう(汗)。


左のBen'sのTick & Insect Repellent DEET30%。これは強力だけどやっぱり臭い。苦手なので、捨ててしもうた。さよなら、ベン。あなたのアクの強さにはもうついていけないわ。
エイボンのワイプ式、Skin So SoftのPicadirin入りも手軽なのでお気に入り。これも肌は荒れないのがいい。


バルコニーで星を見ているときや、寝る前には、こちらをしゅっ。これ半径数メートルの効き目はぜったいあると思う。しかし冷房はイヤなので窓は開けっ放しだし、ドアの開け閉めで入ってくる蚊には無意味なような。気休めでも、せめて気を休めたい私。


それでも刺されてしまったときは(刺されるのだが)、これらで痒み回避。Aveenoの痒み止めクリームに、結局頼りにしてしまうステロイド入りのリビメックス。私は蚊のたんぱく質にアレルギーがあるようで、普通のムヒなどは効かないし腫れあがってしまうのじゃ。おかげでひどく腫れることはなし。それでも痒いけれど。


こんなに持っていても、やっぱりほしくなる虫除けもの。すでに趣味の分野である。今回、あちらこちらのドラッグストアで見かけたこれを、旅の終わりのほうで購入してみた。なんでもここセント・マーティンの人が作ったそうで、オールナチュラルのNectarのBug 0%。
果たして本当に0% になるのか試したい!とすぐ思ったが、旅も終わりかけだし、開封してしまうと使用期限が早まるとお店の人が言っていたので来年用にキープしとこっと(ケチ)。
そういえば以前は、「どこでもベープ」を首からぶら下げて現地の人に驚かれたり、虫除けリストバンドをしたりもしてたっけなぁ。こうなるとすでに使用目的ではなくコレクション化しておるような気も…。

◆いつかの真剣勝負の防虫対策の記事は、こちら
 

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<【読者プレゼントのおしらせ】 | TOP | カリブ家散歩2016 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2464-c6c5e66c

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS