2016/04/26 (Tue) 2016セント・マーティン島10日目~夕暮れ沼地


今日の日暮れどきドライブは、オリエント・ベイの方角に行ってみようかねと車を走らせたものの、昨日に続きまだストライキをやっていて通行止め。オリエント・ベイ・ビーチの店主の皆さん相当怒っておるんだろうなぁ、島の北東部の重要な交通を止めちゃうなんて。そっち方面に用事のある人は困るだろうなぁ…。
私たちはさして目的もなかったので、方向転換。今年発見した例の沼地へ。この自然保護区が載っている案内板の、Etang de la Barriereへ。ここに載っている自然保護区は、これで3つとも制覇したことになる。なんだかいきなり自然保護区マニアと化しておる…。


ピネル島に渡るフェリー乗り場があるだけのしずかな漁港に、


ひっそり立つこの標識から奥へ入れば、


なにやら幻想的な夕暮れの沼地風景が広がっておるのだった。朝もいいけど、夕方もいいのう。


海水の沼地ということもあって、限られた植物しか生息できないなか、マングローブが延々と連なっている。そのマングローブも骸骨のような枯れ木がほとんどで、ちょっと不気味な樹海のよう。


今日もいたいた、愛らしいCalidris minutilla、アメリカヒバリシギ。でもあの片一方のハサミだけが異様に大きい不思議なカニさんたちは夕方には家(砂のなか)に帰られた様子でほとんど見当たらず。

本日の虫刺され、1箇所。本日は心の準備なしに虫の多い夕方の沼地にいってしまったことを考えれば、まぁまぁと言えよう(受容の境地)。

Etang de la Barriere
Cul-de-Sac, St.Martin
◆昼間に来た記事は、こちら
Wild Life of Saint.Martin
マーク・ヨコヤマさんによる「Wild Life of Saint.Martin」がダウンロードできます。

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<ピエトロ、カリブで活躍 | TOP | ふくろ茸入り麻婆豆腐>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2483-7f1d294b

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS