2016/04/29 (Fri) 2016セント・マーティン島11日目~鳥の楽園発見


旅の終わり、毎年一度はやって来る、丘の上の土産小屋へ。パラダイス・ビューなる看板の立っている場所。小さなお土産屋さんにありがちな押しの強いセールス・モードなど一切ない、言い換えればやる気のない店が並んでおる。そんな店で掘り出し物を探すのもいいのだけど、やっぱりここからの眺めは最高。海と、カラフルな屋根のコントラストが好きなんじゃ。


年々、やる気のなさが増していく店…。日曜も閉まっているし、今日も閉まっている店がちらほら。もしやこのままフェイドアウト…? と思うと、やっぱり心配で来てしまう。親心。そもそもこの島の観光客はビーチで日がなのんびり派が多いから、ひっそりと丘のうえに立つ土産物屋は弱いよのう。いいのいいの、そのやる気なさがまたあなたの魅力。


オリエント・ベイのイケイケなビーチウェアのマネキンをちっちゃくしたような、ちっこいビーチガール発見。やけに口紅濃いし。


この後はオイスター・ポンドに行こうと思って車を走らせる。近くの交通規制がなかったので、よかった、今日はオリエント・ベイのストライキは終わったんだなと思いきや、かなり行ったところでまたとめられた。ポリスに「オイスター・ポンドに行きたい」と言ったところ、あっさり「ダメ」ということで仕方なくUターン。小さな島の、行動範囲がますます狭まるよう。
うろうろと目に付いたビーチをひやかしながら、


車で埃っぽい道をうろうろ、がたこと。こういう行き当たりばったりの島探検、嫌いじゃない。


オリエント・ベイに通じる裏道(?)をうろついていたところで、Etang Chevriseなる池を発見。ここがなんと、鳥類のパラダイスだったのである。さびれたお土産屋パラダイスじゃなくて、いろんな鳥が集う楽園。ひゃー、と車をわき道に止めて、そっと見入る。
バルコニーから見える海上によく飛んでいるブラウン・ペリカン、近くで見たいと思っていたら、こんなところに巣があったとは。


サギ類も数え切れぬほど。こんなに鳥たちが眺められるのに、人っ子一人いない場所。昨日行ったパード・サンクチュアリもそうだが、柵の隙間から見るようになっているので、鳥たちを脅かすことなく眺められるのじゃ。


来年はぜったい双眼鏡持ってこよう…といって、毎年忘れるんだけど。

本日の虫刺され、2箇所。最後の最後まで、あんたって子はもぅ(ため息)。

Paradise View
Route D'orient Bay, Top of the Hill , St.Martin 
◆去年の楽園ビューの記事は、こちら

カリブ海 | trackback(0) | comment(0) |


<<島の昼ごはん~ワフーのサラダ | TOP | バッカスと臆病バゲット >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2486-ed4c28f2

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS