2016/05/16 (Mon) 日々の暮らしに、行者にんにく


よく「日々の暮らしにゆとりを」とか「○○を~」などというフレーズを聞くが、私も旬のあいだは、「日々の暮らしに、行者にんにくを」というフレーズを取り入れてみたいと思っておる。ゆとりや安らぎという精神的な言葉に食べ物を当てはめただけで、とたんに即物的な響きになるから、日本語とは不思議なものであるな…。
しかし、ゆとりってよく聞くと風変わりな言葉だ。ゆとり。ぽとり。さとり。ゲシュタルト崩壊を楽しむがよい…。
そんな本日は行者にんにくの葉とアスパラガスのぬたに、ジョニー豆腐の行者にんにくダレがけ。貴重な豆腐が半分こなところが、庶民の哀愁…。


牡蠣フライにフリゼサラダと。牡蠣フライのタレは、辛子と、リーペリンの ウスターソースを混ぜ混ぜ混ぜ(スプーンの回転数早めで)。


べつの日には、こんにゃくの行者にんにくネギ味噌和え。味が染みやすいように細く切れ目を入れたこんにゃくをさっとゆがいて、ごま油で焼いて水分飛ばし、味噌とちょっとのごま油で和えただけ。


ドーバーソールのパン粉焼き、アリコヴェールのごま和え、スパイシーひよこ豆、野菜スティックにブルーチーズなどと。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<世にも豪華なポットラック女子会~和韓洋まつりだよ編 | TOP | 行者にんにくとイカゲソ炒め>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2503-35eac7c5

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS