2016/06/01 (Wed) 機転のRiki


Mじ、Hこちゃんと3人でごはんでも食べようよの会@ミッドタウンイースト。最初はお酒持ち込みOKのBYOB和食の店で待ち合わせておったのだが、中を覗いてみるとどう見てもファーストフードのような店構え。カウンターチェアのみで、ここで落ち着いて酒杯を傾けられる気はどうもしないので、急遽近場のRikiへ。開いててよかった、居酒屋Rikiさん、いい気分♪(古いですか、そうですか)マンハッタンの居酒屋情報が脳のなかにインプットされている私のとっさの機転がほめられて、嬉し。
さて店に落ち着いたらカバンに入れてある酒をこっそり出したい…出して飲んでしまいたい…という欲望を抑えて、日本酒注文。これがなかなかに旨い酒であった。でも漢字が…読めない(これでも一応物書き)。読める方おしえてください。


居酒屋の醍醐味は豊富なメニューからそれぞれが思い思いに頼めるところ。さぁじゃんじゃかいってみよう。しめ鯖(むろん私の注文)、アサリと春雨炒め、銀杏、シシャモ。


以前頼んだときに、「な、なんか予想と違ったよね」「海の家の味」と皆して戸惑ったわりには、クセになってまた頼んでしまうラーメンサラダ。かりかりのラーメンを混ぜたサラダもいいけれど、ラーメン比率の多い(というより冷やしラーメン状態)こちらも、クリーミーなソースを絡めてツルルッと啜るのがまた旨いのじゃ。


まぐろトロ串、蓮根天ぷらに、里芋揚げ。みんなぁ、蓮根も一応糖質たっぷりよ…と言っても誰もきいちゃない。


海老チリもいっときたいよね、とMじ。もはや何でも食べたい、どこからでも来い、の私たち。ここはメニューが豊富なのがありがたい。「ああいう感じのもの食べたいよね」とメニューを見ればたいてい見つかる。見つかるのだが、時おりこちらの予想を裏切ってくるところも面白い。
「たいていのものは作れるよ」そう、まるで深夜食堂…。


2人は甘いもんで締め。私は大人なので糖質は日本酒でとる所存なり。今宵もよく笑い、食べた。星アプリの話にゴッドハンドH子ちゃんのマッサージ術の奥深い話。私のNY露天商放浪記の話もウケたな…Mじに「ともじ、どこでも生きていけるよ」と太鼓判押された。私、こんなにひ弱なのに(ひ弱な人はこんなに食べん)。

Riki
141 East 45th Street, New York, NY 10017

◆前回の記事は、こちら
前回は残念な印象があったけれど、今回は巻き直した感ありじゃ♪ 

★追記/お酒の名前、コメント欄で教えていただきました♪福島県会津ほまれの純米吟醸で「巽蔵」(たつみぐら)と読むのだそうな。これでまた頼める♪ ありがとう、Cさーん。

| trackback(0) | comment(2) |


<<帆立のソテーに行者にんにくダレ | TOP | 豚足とタミフル>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/01 23:20 | [ 編集 ]


鍵コメCさん★ 

わわー、ありがとう~~! 
恥ずかしいだなんてとんでもない、いつも助けてもらって超ありがたい存在よ~~(涙)。
早速記事にも追記しました。これからもぜひその幅広い知識をお貸しくだされ(頼るなー)♪

2016/06/02 06:19 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2520-fa8a608b

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS