2016/06/03 (Fri) ボヘミアンな子どもたち


隊長兄Bアンをファーマーズマーケットに連れまわしたあとは、近所で晩ごはん。「俺はいいよー、なんでも」といつも言うのだが、私は知っておる。弟とくらべ、兄はけっこう食に関してコンサバなのを。エスニックはキツいかなと思い、カジュアルなフレンチビストロ、アンファン・ボエムへ@ロウアーイースト。以前よく通っていたアンファンテリブル、恐るべき子どもたちなる北アフリカ系レストランのオーナーが出したお店じゃ。


まずはここに来たらかならず頼んでしまうフォアグラのムース。メイソンジャーの表面を艶やかに覆う赤ワインのジェリーをそっと破ってスプーンでこっくり濃厚なムースをすくう。バタートーストにのせて食べれば、わずかにタイムを効かせた鴨の肝の甘みが口をふわぁと満たす。トーストお替り、しるぶぷれー。


ケールのサラダ。新鮮なオーガニックケールにオレンジ、パルメザン、アンチョビ、細かなさくさくブレッドクラムをヨーグルトベースのさっぱりしたシーザードレッシングでさくっと和える。これもフォークが止まらない。千切りケールと削ったパルメザンの細さがまたちょうどよいのだ。「俺はサラダはいーらない」と典型的な「野菜はじゃがいもでオケー」のアメリカンなBアンも、いつしか美味しそうに食べておる。してやったり(人の兄を子ども扱い)。


肉食兄弟、BアンはBoeuf carottes façon grand- mère。赤ワインでじっくりブレイズした牛肉に、人参、パールオニオン、マスタードムース。フォークでほろりと崩れる肉の深い旨みにしみこんだ野菜とワインの風味。これ、ぜったい次に頼もう、


と言いつつ、私はいつものL'Accent du Sud quest。ダックレッグ・コンフィ。のつもりだったのに、今日はレッグはないとのことで、マグレットの鴨胸肉で。温かなフレンチレンティルのサラダとシェリー酒を煮詰めたソースで。うーん、表面のクリスピーな焼加減はうまうまなのだが、肝心の胸肉がやや固めで筋が目立つ、かのう。次回リベンジしたい気もするし、牛肉も気になる…。とすでに次回のいやしんぼ算段。こんな旨い料理をまえに、お酒を飲まない隊長兄。弟とはえらい違い…。
そういえば日本では、バイク(の後ろ)で真夜中のラ・ボエムによく行ったなぁ。懐かしき80年代…。都会の夜を走るのがすきだったな。あのころは私もボヘミアンじゃった…(いまもか)。

Les Enfants de Boheme
177 Henry St, New York, NY 10002

| trackback(0) | comment(0) |


<<焼肉まえの、つまみ | TOP | 帆立のソテーに行者にんにくダレ >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2522-cfe49728

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS