2016/06/13 (Mon) チャイブの花が可愛くおいしい件


珍しいチャイブの花があったので買ってみた。なんにでものせると、いつもの晩ごはんがなんとなくおされになる不思議。ただの豚キムチ炒めなんだけど。
しかしこのチャイブ、茎も食べられるかなと蒸してみたけど、やはり筋が固くて無理。トウが立ったら食えんのは人も野菜もおなじ。皆までいうな…。


この日は、ビンナガマグロのタタキにチャイブの花、ぽんぽんと。行者にんにくダレとにんにくチップ、こごみのホースラディッシュ・クリーム、菊芋ローストと。ほんのりにんにくの香りの花、旨し。


この日は、豚バラとキムチとたまねぎ炒め。庶民的なメニューにチャイブの花ではんなりと彩をおとして(家庭画報ふうに)。
花は水にうかべて冷蔵庫に入れておいたら、けっこう持ってくれた。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<脱皮蟹のコーンミール焼き | TOP | 虹の巣@週刊NY生活>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2536-b35dc664

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS