2016/06/17 (Fri) ビーフの尾っぽなんとかの部位が旨し


フェアウェイに行くとたまぁに見かける牛肉に、Beef Chuck Flap Tail for Bonelss
Flankenというのがある。日本語だとどこだか解らないのだが…タチバラ? はねした? あたり?(肉の部位に詳しい方、おしえてくださいませ)。これがほどよく脂がのっていて、美味しいのじゃ。今日はそのなんとかの尾っぽ(略しすぎ)があったので、鉄のスキレットでキャベツと共に、じゅー。


ライムゼストと果汁、ネギにアンチョビ、にんにく、オリーブオイル、唐辛子少々のソースをたららら、っと。


肉もおいしいけれど、鉄のスキレットで焼き付けた春キャベツ(最初に蒸しておく)が、あまいうまい。ざくっと半玉はいけてまう。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<エイのコーンミール・ソテー | TOP | 燻製貧乏性>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2539-8e497de0

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS