2016/06/30 (Thu) トントン豚足


料理教室つながりの呑み助3人会@博多TonTon。Y子ちゃんとは、いまはもう日本に帰ってしまわれた(残念!)魚教室のM師匠の丁稚仲間、A子ちゃんとはH師匠の教室で知り合ったのじゃった。それがこうしてまた輪が広がっていくのだから、食が繋ぐ絆はつよいのう(ただの食いしん坊は食いしん坊をよぶ現象か!?)。


カンパチのカルパッチョに明太子おろしソース。「この明太おろしソースいいよね」「アイディアいただきっ」と早速食をサカナにお酒も弾む3人である。そしてここに来るとよく頼む仔牛のレバ刺しが、なぜだか頼むまえからさっとテーブルに登場。???「キッチンからのサービスです」のことで、ありがた~くいただく。活きのいいかんぱちは舌に踊り、塩胡麻油やパジャンソースにちょいと浸したレバーは舌にとろけながらもぷりっとな。


何度も来ておるTontonさんだが、これはお初の黒豚の煮こごり。ラー油と山椒のタレがぴりりと刺激をくれて、すでに手酌がとまらん坂。


こちらもラー油と山椒のソースでいただく、つぶ貝のお造り。ほのかなつぶ貝のあまさとコリコリ感した爽快感。少人数で来るときはいつもこれとレバ刺しで迷うのじゃが、今日は両方いただけてあーしゃーわせ。


なんとここでまた謎のサービスとして、合鴨肉のチャーシューがすぅっと目の前に。3人してキッチンのほうに顔を向け、姿は見えないお方に、敬礼。脂ののった鴨は噛めば、甘い汁が染み出して顔にやけ。きっときっと、A子ちゃんをひそかに見ている誰かがいるんだよ。いやいやきっとYちゃん…。3人の幸せな酔っ払い…。


自家製ポン酢がで爽やかにいただく極モツポン、どのテーブルにも置いてある柚子胡椒をつけるとまた旨し。


そしてもちろん、これがなくちゃあ始まらない、の博多名物 黒豚とんそくの塩焼き。ぱりっと焼けたジューシーな表面と、ぷるぷるコラーゲン。ああ、私たちもぷるぷるだね、明日は。困っちゃうなぁ、また明日もどこかで誰かにサービス受けちゃったりして。……やっぱり幸せな3人の酔っ払い。

Hakata Tonton
61 Grove St, New York, NY 10014

◆そういえば、A子ちゃんとは少し前にもきたっけね、とTonTon大好きな私たちであった。
二軒目でつい寄っちゃった記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<つる草さんとスベリヒユ | TOP | 世にも豪華な誕生会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2553-79ecf156

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS