2016/07/05 (Tue) アヴェレージ・ホワイト・バンド


アヴェレージ・ホワイト・バンドのライブを観@B.B.キング・ブルース・クラブ。


1982年に一旦解散したもの、1996年に再結成。歴代メンバーでAWBに残っているのは、アラン・ゴーリー(ジャック・ニコルソン似。笑)とオニー・マッキンタイアだけだが、アランのファンキーなベースもオニーの活きのいいギター・カッティングも大健在。


元タワー・オブ・パワー、ブレント・カーターのヴォーカルも聞かせどころをがっつりつかんで、いいんだのう。良き時代のソウル魂、びしびしと伝わってくる。


客層はなんとなくお察しの通り、かなり高めだが(私も加算しておる)皆さんのりまくり。
ブルー・アイド・ソウルは好物じゃが、ブルー・アイド・ファンクもこれまたいいのう(といっても、メンバー混在だけれど)。
いやぁ腰、ゆれたゆれた。ぎっくり腰にならんようにしなきゃ。

B.B.King Blues Club
237 W 42nd St, New York, NY 10036 

楽しみもの | trackback(0) | comment(0) |


<<花火と橋とジンクスと | TOP | 南部ごはんで、開演待ち>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2557-cf4cae84

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS