2016/07/23 (Sat) 念願のスベリヒユ、収穫


一昨年ファーマーズマーケットで出会って以来、すっかり気に入ってしまったスベリヒユ(Purslane)。しぶとい雑草と邪険にされがちなスベリヒユだが、実は栄養満点、オメガ3満載の優秀野菜なのじゃ。市場で買ったもののいくつかを発根させ、採種し、まいてみたのが去年のこと。なぜだかうまく成長してくれなかったのだが、今年はそのこぼれ種が元気に成長。この鉢の主のはずのアサヒカズラさんを食う勢いで伸びている。


3年越しでようやく収穫にいたって、感無量じゃ(「今年はもう育てないもんねー」などと言っておったのに、げんきんな)。


さっと蒸して辛し和えに。わずかなぬめりと酸味、しゃくしゃくした歯ざわりが、うんまい。

◆去年の、スベリヒユでスベッた話の記事は、こちら


育てもの | trackback(0) | comment(0) |


<<ジャズの後の、韓国居酒屋 | TOP | 主の大江千里を待つピアノ >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2579-3f74b0b3

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS