2016/08/07 (Sun) パス停考察とひよこ豆な日


バスに乗って、マレーヒルズのフェアウェイへ。マンハッタンのバス停でどうもしっくりこないのが、通称SBS、急行バスのセレクス・バス・サービスである。同じ料金、同じ路線なのだから、同じバス停に止ってくれたらいいのに、停留所によっては微妙に離れておる。
気づかず普通バス停で待っておったら、通過されて少し先の急行バス停に。次にそちらで待ったら今度は普通バス停に来て、また乗り過ごす。うう…。このもやもや感は、地下鉄C線とE線の乗り場が違う50丁目駅のようじゃ(一々ホームを覗いてどっちが来るかなと偵察し、来たら慌ててそちらに走る)。
そんな魔性のパス停に惑わされた日の晩ごはん、まずはクミンやあれこれスパイスたくさんまぶしてローストしたひよこ豆をつまみに冷酒をきゅ。


ひじきと、これまたひよこ豆煮とベイビースピナッチの胡麻風味サラダに、


オーシャンパーチのソテーに食べラー葱ソース、芽キャベツの鴨脂ソテー、ブッラータチーズは上質のオリーブオイルにトリュフ塩で。そら豆、とうもろこしと。
日本では赤魚などと呼ばれることの多い淡水魚のオーシャンパーチ、正確にはメバル属のタイセイヨウアカウオというらしい。身のしまった白身で淡白ながらなかなか旨し。粕漬けもよさそうだなぁ。といいつつ、芽キャベツのインパクトのほうが強いなぁ。
 

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<「さくっと」の解釈@萩 | TOP | 足腰よれよれ、ヴィンダルー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2586-31efca61

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS