2016/08/08 (Mon) 「さくっと」の解釈@萩


人によって、「さくっと」飲みとか、「かるーく」ご飯、という言葉の解釈は異なるものだとは常々思うことだが。
これがばりばり勤め人ニューヨーカーだったりすると、「さくっと」(って英語でどう言うんじゃ?サクートー?→通じん)飲み、という場合は本当にパブで立ち飲み、はい解散、だったりする。「え、本当に飲みだけ? ツマミいかないんですか?」と物足りないったらないという状態も多々あるのである。さくっとにも肴がほしい、それが日本人という人種…。
そんな本日はいつもの「ちょいと一杯」が一杯だったためしのないH師匠と、映画「あん」を観た後の一杯。時間もすでに遅いし、明日はお互い朝から仕事だし、一応わりあい本気の「さくっと一杯」である。
MOMAから近い萩にて、まずはサラダだから軽いよね、と思うもかなりの量が山盛りどかんと来た、かりかりじゃこ大根サラダ。普通の海苔でなく、韓国海苔なところがミソ。


お寿司屋のノリでほんの数切れかなと思うも、これも一尾分はあるかと思われるような炙りしめ鯖に、


「さくっと」だから揚げ物だよね、と(解釈違う)、イカゲソ唐揚げに(写真撮り忘れ)ソフトシェルシュリンプ。
脱皮したての柔らかな海老は、ジューシーで旨いのう。すみません、お酒もう一杯~、と相変わらずいつもの調子でしみじみと映画の感想を語り合うのであった。

Sake Bar Hagi
152 W 49th St, New York, NY 10019

◆コンサートのまえに、さくっと寄ったときの記事は、こちら

| trackback(0) | comment(0) |


<<猛暑のガンボづくり | TOP | パス停考察とひよこ豆な日>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2587-a54ae133

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS