2014/07/20 (Sun) ジャークチキンをじゅー


傷の痛みは痛み止めを飲まなくてもいいほど回復中のなのだが、夜中になると咳が酷くて、それでまた傷が疼く。鼻チューブの後遺症じゃろうか。そこに、因幡の白兎の潮のごとく、スパイシーなものをけっこう食べておるからだろうか。
そんな自業自得な日の晩ごはんは、このころんと可愛いパティーパンや、


好物のギリシャのグリル用チーズ、ハルーミ、


鶏ももでジャークチキン、とうもろこし、ひと束あっという間に平らげられるネギ焼きなどを、ベイビーQちゃんでじゅー。


病み上がりにもスパイシーなジャークチキン、うまうま。はらはら(腹と喉のつぶやき)。


家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<からだの声を聞け | TOP | ブランジーニのハーブ焼き>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2594-c6f91a90

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS