2016/08/19 (Fri) チリアン・シーバス幽庵焼き風


エセックス市場の魚屋で運がいいと買える銀ムツ(=メロ、チリアン・シーバス。本名はマジェラン・アイナメというらしい)でなんちゃって幽庵焼き風をベイビーQちゃんでじゅー。ベランダの柚子さんはまだ1cmのベイビーなので、粉砕柚子を醤油、酒、みりんとあわせた調理液にしばらく漬けておいたもので。
銀ダラの代用だけれど、脂がのっていて十分旨し。しかし、魚屋のメキシカンのお兄ちゃんにいつも「このぐらいの厚さで切ってね」(指で示して)と伝えるのだが、「OK、OK」というわりに右端と左端で厚さがかなり大胆に違うのであった…ま、まぁ細かいことは気にしないっと。
アリコヴェールの鴨脂炒め、ネギ焼き、グリルチーズ、ミニペッパー、とうもろこしと。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<豚肉とザーサイのコチュジャン炒め | TOP | ニシン食べそこねの悔恨>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2603-640b7c05

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS