2016/09/04 (Sun) ロシア語飛びかう、ベトナムごはん


写真美術館でシンディ・シャーマンやコカインをおなかに詰めて空港でつかまったエセ妊婦さんらの写真を堪能した後は、ロシアン手下とそのママとで、ぶらぶらチャイナタウンまで歩いて、フォー・バンへ。何十年も通っておるが、相変わらずそっけない店構えは、穴倉のよう。


何事にも適当なロシアン手下であるが、さすが常連だけあって、いつも頼む品のメニュー番号をもれなく記憶しておるところがすごい。通い続けるうちにすっかり年をとられた店長さん、今日はいないね、元気かな、と体調の心配までしたりして。

まずは生春巻ツマミに、持参の白ワインをあけるとしましょ。勝手のわからない手下ママのために甲斐甲斐しくタレなども作るわたし、手下にはしない…。手下ママは私のことをトマチカと呼んでくれるのである。トマチカ。デパ地下…。


春巻きも、ミントと一緒に葉っぱにくるんで齧れば、ぱりぱりと口のなかで爽快な音がはじける。


種類のたくさんフォー、いつもは牛筋入りのものを頼むけれど今日は手下ママがいるので、牛肉のみで。ばら色の肉はスープに沈めれば、ちょうどいいミディアムレアに。


最後はこちら、胡麻味グリルド・ビーフの盛り合わせ。葉っぱにホイシンソースをかけたら、ビーフン、ラッキョウ、生野菜などと一緒に包んで、あれこれ入れたタレにつけて頬張る。欲張りすぎてついあれこれ包んじゃうから、崩れてきて食べづらいのだけどそれもご愛嬌。
ママ、「フクスナー(美味しい)」連発。そして日本語のすいた(おなかすいた)とロシア語のスィタ(おなか一杯!)は意味が反対だねぇとわらいあうロシアン・ベトナミーズな夜であった。

Pho Bang
157 Mott St, New York, NY 10013

| trackback(0) | comment(8) |


<<肉の焼きもん | TOP | ししとうさん日誌@2016年>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/05 23:42 | [ 編集 ]


鍵コメMさん★ 

久々のコメント嬉しいわん♪ もうすぐ会えるねー、楽しみ♪ 
焼き鳥ナイトもぜひしたいな~、11月かな?9月中には連絡するねー。
ロシア語で名前にチカをつけると、小さい子に使う●●ちゃんという愛称になるみたい。私もママの年からしたら子どもみたいなもんだからねー(笑)。お仕事頑張ってねー、私もラストスパート頑張らねばー。

2016/09/06 00:22 | ともそん [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/06 20:21 | [ 編集 ]


鍵コメMさん★ 

チカチカ可愛い♪なんかみんなチカをつけると可愛らしくなるんだよねー、ロシア語面白い。
仕事のガス抜きは必要よねー、あとでそのぶん大変になるとわかっても。
お互い乗り越えようねー♪ 

2016/09/07 20:43 | ともそん [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/08 06:40 | [ 編集 ]


鍵コメMさん★ 

へぇ、Eくん、よく見つけたねー、いつもながらすごいサーチ能力♪ 
少し遠いけれど、機会ができていつか参加できたら嬉しいよね。毎年こうして続けられるのは幹事さんたちのおかげ。本当にいつもありがとう♪ 

2016/09/08 20:53 | ともそん [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/09 09:05 | [ 編集 ]


鍵コメMさん★ 

さすがTくんだねー、よくぞ見つけた! 本当に毎年いろんなドラマがあるクラス会、楽しみ♪ 

2016/09/11 00:18 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2619-30334ce1

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS