2016/09/06 (Tue) ベイビーQちゃんと過ごす夏


我がベイベーなグリル、ベイビーQちゃん(本名)と過ごす夏は濃い。そして簡単。新鮮な食材さえあれば、あとはじゅー、と焼くだけである。
本日は串焼きまつり。豚バラは塩をしてから寝かせておいたものに黒胡椒たっぷり、辛子で食べる。塩水にしばらく浸けてから水気をとった海老、そのまんまで美味しいポーランドのケルバサ、ベランダのししとうさん、舞茸、グリル用チーズ(スモークしたもの)にフラットブレッド。あとはぱっぱとスベリヒユとカニカマのサラダ。


銀杏は極細の串がないので、胡麻油で炒って塩をふりふり。


べつの日の焼きもんの主役はフラップテイル。相変わらずジューシーで旨い肉なのだけど、なかなか見つからないのが難。これはBeef Chuck Flap Tail for Bonelss Flankenなる名称で(長くて覚えられん)、フェアウェイで見つけたものじゃ。タチバラとか、はねしたでいいのかな。肉の部位に詳しい方、おしえてください。
ほかに醤油と味醂に漬けてから焼いたイカ、焼いておる途中でも刷毛でタレ追加でめざせ屋台の味、である。舞茸、ししとう、オクラ等。


さぁさぁ、隊長の喜ぶ肉まつり。私はどちらかというと魚のほうが嬉しいので、シーフードと肉と順番にしようよね、と言うと、「OK、じゃあチキン、ビーフ、海老、ポーク…」「ちょっと待て。チキンをシーフード・カテゴリーに入れてないか?」「鶏は魚も同様!」「ちがうわっ」という熾烈かつ低レベルな争いを日々繰り返しつつ…、
左上からユニオンスクエアのファーマーズマーケットで仕入れたハドソンリバーの鴨レバーをじゅー。紫玉ねぎとパクチーのハラペーニョソースで。ししとう、切り口がお花で可愛いパティパン、あまいカクテルトマト、グリル用チーズの燻製など。えごまの葉で巻いて食べるレバーがクリーミーで旨し。
右上はおなじお店から、鴨のプロシュートをアテに。
右下はラム・ケバブ(おろしにんにくをまぶしてから、モントリオール・シーズニングにフメリスネリ、黒胡椒とローズマリー)、ししとう、鈴木ファームさんのピーマン、フラットブレッド、舞茸、トマト、東京ネギなどと。
左下はブラッケンド・キャットフィッシュにしようと思ったが、せっかく激旨ジャーク・シーズニングをつくったのでジャークなまずなど。ローストコーンとブラックビーンのサルサ、ベイビーズッキーニ、グリル用チーズ、チポリーニオニオンなどもじゅー。


この日は、燻し帆立と有頭海老をじゅー。帆立はオリーブオイルとスモークパプリカと塩胡椒でマリネ、有頭海老は頭をぽかっととった後の海老のミソが旨いのう。
ししとう、ファーマーズマーケットのゴールデンズッキーニ、スウィートポテトもじゅー。アボカドとスベリヒユとハラペーニョピクルスと紫玉ねぎのサラダ、とうもろこし。こんなにほぼ切るだけの簡単調理ばっかりしてたら、冬には料理の仕方を忘れておりそうじゃ。
そして。繰り返し言う。チキンは、さ、か、なじゃあ、ありません。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<桔梗一輪 | TOP | 肉の焼きもん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2621-33d18223

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS