2016/09/20 (Tue) ザル人生と、あんこうのマンダリンオレンジ風味


ブログのトップ記事、4月の発売時から「虹の巣」の記事をそのまま置いているのだが、ちょっと前にいまさらながら気づいた。本の写真横のタイトルが何ヶ月も『つまのつもり』となっておったことに。さすが、ザル!(編集者時代、すべての校正がザルのごとく通り抜け、見過ごされてしまう)と呼ばれ続けた自分の真髄をみた気がしたり。でも「いいね!」を173人も押してくれた方々のなかには気づいた人がきっといたのでは。んもう、言ってよう、と照れて直してみても、ひとり。
そんなザル人生を生ききる決心をした日の晩ごはんは、あんこうとアリコヴェールのマンダリンオレンジ風味炒め。なぜこれを作ったかというと、時おり買うトレーダージョーズのマンダリンオレンジ・チキンのタレがいつも余るから。あれ全部かけたら絶対甘々なチキンになるので、セコく容器に入れて冷凍しておるのである。甘みが少しだけほしいなというときに便利。
あんこうは生姜、にんにく、酒、醤油でマリネしてから片栗粉まぶしてじゅーと焼き。少し蒸したアリコヴェール投入し、マンダリンオレンジのソース(なければ甘めのソース何でも)とコチュジャンを混ぜたものを絡める。野菜スティックにザーサイ漬け胡麻和え。


北方の偉大な豆(グレート・ノーザン・ビーンズ)と胡瓜、ベイビーケールのサラダは、いつかの健康ブームの時に勢いで買ってしまったヘンプシードをまぶしてみる。ヘンプシード、すごく健康にいいらしい、確か…(ブームが過ぎ去った後の曖昧表現)。
酸化すると嫌なのでナッツや種類は冷凍庫に保存。「いつかの健康ブーム」の片鱗が凍るわが冷凍庫よ…。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(0) |


<<ししとうさん日誌@2016年 | TOP | 哀愁の落下柚子とスカートステーキ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2636-afd2eff1

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS