2016/09/29 (Thu) バーモント州1日目~旅のお供


本日からバーモント州の北の果てに向かってドライブ旅行。車に何時間も乗るのはキツいので、隊長に「できれば飛行機とか電車とかでのんびりいきたい。駅弁なんかも食べながら(ここはアメリカ。望み高すぎ)」と述べたところ。「そんな便利な交通機関はないよ」とのたまうではないか。
嘘だ、ぜったい車で行きたいがために私に嘘をついている、と疑い、調べてみた。車でそのまま行けば6時間半。電車や飛行機を使うとそれ以上かかる。しかも空港から結局また車で2時間近く。うーむ、アメリカ、広し…。
仕方ない、諦めて車(の助手席)におさまり、いざ出発。I-91 N、北へ北へと走りますぅ(悲哀の演歌調で)。
そんな長旅のお供は、このiPod。私のヴィンテージと化しているiPod NANO第2世代(2GB)に「ものを大事にするにもほどがある…」と憐れみを感じた友人Kが、お古の第5世代16GBを譲ってくれたのだ。しかも中にはびっしりと友人の選曲による数々の名曲が。音楽出版社時代から長年の付き合いである彼とは音楽の趣味が似ているので、むちゃくちゃ嬉しい。持つべき者はやさしき友じゃ。
「一通り聴き終わったら、初期化して使えばいいよ」と言われたが、何千曲も入っておるこれを初期化なんて、とてももったいなくてできん。
ということで、自分で曲を入れたiPodは結局、2GBのまま…。確実にスマホをもらっても棚に飾って眺めるタイプ。


アーティストのアルファベット順にAから聴いていくとしよう。車に取り付けたBluetoothスピーカーから流れるアラン・トゥーサンにアル・クーパー、やっぱりいいのう。アルバート・ハモンドに車中音痴な合唱も。
このスピーカーを取り付けた隊長を「便利だねぇ。こんなものがあるんだねぇ」と褒め称えたら、「まぁ最新の車には最初から搭載されておるがな」と。…車もiPodもどこまでも古いのであった。
ちなみに私は自分の家の車も、色とドアの数とメーカーでしか判別できない。「あ、あれ、うちの車種とおなじ?」と聞くと、8割はハズれる。駐車場で見失わないようにしなきゃ(ありがち)。


直行で目的地までは相当に遠いので、4時間ひたすら走って今夜はバーモント州ウィンダム郡の町、ブラトルボロで一泊。
ホテルのまえのこのレストランで遅い夕飯をば。99。まるでダラーショップのファミレス版みたいな店名であるが、


バー・コーナーでは地元の皆さんがスポーツ観戦などしながら、飲んでおる。スポーツ・バーとファミレスをあわせたような雰囲気といおうか。


店名の由来はメニューを見て判明。ほとんどのメニューが、9ドル99セントなのだ。やすっ。そして、なかなかにイケる。私はニューオリンズ・シュリンプ、ライスをブロッコリに替えていただく。ライスだとたっぷりなのに、野菜となると量は控えめ。既に道中は野菜不足になる予感満載である。レッドペッパー、グリーンペッパー、コーンと炒め合わせた海老はしっとりぷりぷり。ケイジャンスパイスもぴりっ効いて、旅疲れの身体に白ワインとともにすぅとしみこむのう。


隊長はハンバーグ。肉のむっちりつまったハンバーグのわらじのごとく巨大なこと。マッシュポテトに、上にはふんだんにフライドオニオンがばら撒かれ。店内を見渡し、バーモント州の人たちがおっきい理由がなんとなくわかった初日の夜。

99 Restaurant & Pub
1184 Putney Rd, Guilford, VT 05301

北米 | trackback(0) | comment(0) |


<<バーモント州2日目~バーモントの食がつまったカントリー・デリ | TOP | 残念な旭と、サーモンとアボカドのポキ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2645-6b31fbeb

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS