2016/10/03 (Mon) 長さ自慢の屋根付き橋


ブラトルボロでもらった地図を見ていたら、「バーモント最長の屋根付き橋」なるものが載っていた。あー、困っちゃうなぁ、これも行って見ないといけないではないか。何が困るのか。なぜ行かねばならないのか。普段NYにいたら屋根付き橋のことなど考えないのに、なぜだかバーモントに来るとそういう気分になるのである。何か人の橋ごころ(親心じゃないんだから)をひき付ける磁場なのかもしれぬ、この地は。
地図を見ながら、緑のなかをどんどん走って走って不安になったころにようやく見つけた。デフォルメされた観光マップって縮小比が適当だったりするんだよなぁ。自分でもたまに(いつもだ)適当な地図を描くから、ようわかる。
こちらは、1872年に建築された全長280フィートの西ダマーストン橋。エンジ色の橋もいいけれど、正面の白と時の染み込んだ側面の木の対比もまた素朴な美しさ。


車は渡れないようになっているクリーマリー橋と違って、車が次々に行きかう現役の橋じゃ(ただし一方通行、中でかち合わないようにご用心である)。ああ、もっと橋を見たいと、私の橋ごころがバーモントの中心で叫んでおるが、ここで橋見学はおしまい。

West Dummerston Covered Bridge
East-West Rd. and VT 30, over West River, Dummerston, VT 05301

北米 | trackback(0) | comment(0) |


<<疑問ふかまる卵 | TOP | 屋根付き橋があれば、つい渡る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2648-c366ce12

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS