2016/10/04 (Tue) グラフトン・ヴィレッジにてチーズ三昧


さて屋根付き橋を堪能したあとは、チーズショップへと。ショップといってもひろーい敷地にてチーズの製造も販売もしておるここグラフトン・ヴィレッジ・チーズさんは、創業1892年。十九世紀のバーモント州…、どんな雰囲気だったのかのう、と想像してみるも、人々の服装は違えど存外風景は変わらないのかもしれない。それほど緑、緑の続く景色。そこにぽっと咲くバーン・レッドの色合いがやっぱり映える。
敷地内には山羊や牛もいて(チーズだから当たり前なのだが)もうここだけでまさにチーズ村である。


広々とした店内では、カウンターでもフロアでも試食し放題。「じゃあここでランチがわりということで」と隊長に言ったら、「何いってんの」とかわされたが、そう言いつつ二人でついつまんでは口に…。隊長、気に入ったチーズを2度食べるのは試食とはいいませんぞ。
二人して「これが一番!」と意見の一致を見たバタリーな熟成チーズやメープルシロップ・キャンディーなどあれこれ、お買い上げ。本当はウォッシュタイプのチーズなども買いたいところだが、クーラーボックスもないのでドライタイプしか買えないのが残念じゃ。


チーズ関連グッズもそうでないものもあれこれ。フックや金具類に弱いんだよなぁ。真剣に鉄の帽子掛けを買おうか迷う。チーズショップなのに何を悩んでおるのか…。


チーズボードやナイフに、


ディップやソース、レリッシュ類も豊富で、ここでも試食。この刻んだオリーブのソースが美味しすぎて止まらない。パンくださーい<いや試食だからとまりたまえ>。…ここにいたら本当にランチになってしまう、ということで階上にあがり、


チーズ工場を見学。以前カボットチーズの工場を見学したことがあるけれど、こうも間近で眺めるのは初めて。
すごいのう。ものすごく大きな塊をぽんぽんと投げあい、こね、ざざぁーと投入。なにごとも、大量につくる現場というのは目を見張る迫力と熱気がある。お隣でもものすごく熱心にチーズ造りを見学しておられるファミリーがいて、私にも「ほらっ、ここからだとよく見えるわ、こっちこっち」と前に行かせてくれたり。チーズ好きの人たちはあたたかいのである。
「チーズ造りを眺めるのがすきな人」たちに熱く見つめられ、「チーズを造るのがすきな人たち」もどこか誇らしげに、リズミカルに作業しておられた。私はといえば、「チーズを食べるのがすきな人」「以前、チーズ造りに挑戦してみたものの、成功したとはいえない人」である…。

Grafton Village Cheese Company
400 Linden St, Guilford, VT 05301

北米 | trackback(0) | comment(0) |


<<腹ぺこ熊で昼食を | TOP | 疑問ふかまる卵>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2649-9d433a33

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
週刊NY生活に書評&コメント載りました。
クロワッサンに書評載りました。(
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
文庫『ぴしゃんちゃん』出ました。
新刊『つまのつもり』出ました。(2014)
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS