2016/10/10 (Mon) パンチ力ありありの朝ごはん


宿の一階はレストランになっておるのだが、ここがなかなか評判がいいらしい。それならば、2日目の朝ごはんはここで食べてみよう、ということで階下に。というと選択肢がたくさんあるようだが、実際はまわりには野原しかないような場所。ここと、お向かいのカントリーストア店内のイートインコーナーで食べるぐらいしかチョイスはないのであった。
写真ではすいているように見えるが、広い店内にはすでにけっこうお客が入っている。回りを見渡すと、熱々の巨大な鉄のスキレットに肉やらパンケーキやら卵がのった山のような朝ごはんを食べている人がちらほら。絶対無理、朝から無理、スキレット物は避けようと決心。


隊長は、ハムとチーズのオムレツ。ひとり分卵3個なのでこのお皿もやっぱり巨大。むろんトーストとホームフライもたっぷり。
オムレツ、旨し。緑に囲まれたこんな場所では、卵自体がすごく美味しいんだろうなぁ。昨日のホテルの「まるで卵の味がしない卵らしき謎の物体」とは格段の差じゃ。ホームフライのじゃがいももほっくり美味しい。


私はモンテクリストを。小さく見えるがこれもおっきなフレンチトーストに、層になったたっぷりのハムとスイスチーズがぶ厚くスタッフィングされ、その上には目玉焼き。1/3は、隊長に進呈(隊長はしっかりメープルシロップをかけていたが、私はパス)。
それでもかなりの量であった。とっても美味しいのだが、普段朝ごはんはミルクティーだけの我が胃袋は「どした?何が起こった?天変地異か!?」とびっくりし、びっくりしたのもつかの間、環境に順応して着々とサイズを拡大しているようである。
いけない、このままでは身体がバーモントサイズになってスキレット朝ごはんもこなしてしまいそうじゃ…。さあ運動不足解消に少し走るとするか。「車」で(だめじゃん)。

Jay Village Inn & Restaurant
1078 VT-242, Jay, VT 05859

北米 | trackback(0) | comment(0) |


<<バーモントで肉屋見学 | TOP | リハーサルディナー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2655-5e72b058

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS