2016/11/29 (Tue) らっきょう野心


同級生の漬ける絶品絶妙らっきょう。ありがたいことに今年も届けていただいた。大粒で、ぱりっぱりで、ほどよい甘味。本当に素晴らしいのだ。なんでも生産者から直接仕入れているのだとか。私はその素敵な生産者様のらっきょうの、種球がほしい…と育てられないくせに、妄想野心を抱いたりも。
両親に「ねぇこれ半分NYに持って帰ってもいいかなぁ?」とおそるおそる訊いてみた。このらっきょうの大ファンである両親、「だめ、全部置いてけ」と言われるかと思ったら、やさしく「いいよいいよ」と。(卑しい)子を思う親の気持ちに感謝しつつ、ありがたく持ち帰ることに(親を思う子の気持ちはどこに…)。


汁の再利用で蕪や大根の千枚漬けもつくっているのだが、これも両親に好評である。うすーく切って塩して水気をよくとった野菜を、らっきょう汁に砂糖少々で漬けるだけ。向こうじゃ蕪は売ってないからターニップの千枚漬けにしよっかな、とすでに野心に燃えておる。
毎年ありがとうね、T商店様。富澤商店とおなじくらい、わが暮らしに欠かせないものになっとるよ。

家ごはんもの | trackback(0) | comment(4) |


<<クラス会@ガクさん | TOP | 雨の荒木町にて、芋鍋>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/29 22:04 | [ 編集 ]


鍵コメMさん★ 

こちらこそ、NYに連れて帰ってこられて感激よ~(厳重に包装したけど、たぶん気圧のせいで漏れかかっていてアブないとこだった。笑)。毎日大事に数粒ずつ味わってます、NYでこのらっきょうが味わえるなんて! ほんとにありがとうね♪
白石美帆ちゃん、私もニュースで知った。おめでたいね~。

2016/11/29 22:18 | ともそん [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/30 23:25 | [ 編集 ]


鍵コメMさん★ 

はは、私も食べ物も植物もつい擬人化してしまう、愛着ありすぎて(笑)。
燻製の素たのしんでいただけたようでよかった♪ 私も帆立やったけど美味しかった~。おお、牡蠣という手があったか、それも美味しそう!!手に入ったらやりたい! Tくん、はっぴーばーすでーー♪ 

2016/12/01 02:05 | ともそん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tomoson.blog34.fc2.com/tb.php/2695-04f6124e

| TOP |

野中ともそ tomoso nonaka

こんな者です↓
おひるねスケッチ(本館サイト)
Profile
著作リスト
Twitter @tomosononaka

いまんとこニュース
大江千里さんとの対談掲載されました。
小説すばるにて連載エッセイ始まりました。
新刊『虹の巣』出ました。(2016)


虹の巣
クロワッサンに書評載りました。
小説すばるに短編「金の雪」載りました。
小説すばるに、短編「スカ」載りました。
着物の時間。ムックに取材記事載りました。
クロワッサンに寄稿しました。
国際子ども図書館の展示解説本に掲載されました。
JAL skywardに寄稿しました。

calendar & archives

new entry

category

new comments

books


ぴしゃんちゃん

つまのつもり

海鳴屋楽団、
空をいく

銀河を、
木の葉のボートで

鴨とぶ空の、
プレスリー

おどりば
金魚

チェリー

世界の
はての
レゲエ・バー

Teen Age

もぐらの
バイオリン

フラグラーの
海上鉄道

search

links

RSS